« 我が家のお正月 | トップページ | 出雲の「献上そば」 »

2021年1月 5日 (火)

立久恵峡・霊光寺

Img_0042_20201224135001

Img_0044_20201224135001

立久恵峡を更に奥へ進んでゆくと、由緒ありげな石仏が見えたり、崖がせり出して遊歩道が狭くなっていたり、この先に何が現れるのか益々興味が増してきます。

           

      

Img_0048_20201224135401

Img_0047_20201224135401

男性がこの滝を仰ぎみると子宝に恵まれる…と云われる「お里の滝」です。

霊験あらたか…と案内されていましたが、残念ながらその滝の水は枯れていました。

          

         

Img_0060_20201224135701

Img_0062_20201224135701

以前ご紹介したように、高野山・浮窓律師がこの地を訪れた際、大亀に乗った薬師如来像が現れ、律師はその如来像を天柱峰中腹の巌窟に安置されました。

この不思議な話を耳にされた朝廷から「亀淵山飛光寺」の勅額を賜り、天長四年(827年)堂宇が造営されました。

            

          

Img_0063_20201224140601

Img_0069_20201224140601

その後、修験道の行場として寺運が隆盛し、最盛期には「出雲の立久恵」として境内には七堂伽藍が建ち並び、24もの僧坊が甍を並べた時期もありました。

残念なことに、元禄15年(1702年)の大洪水により多くの堂宇、寺宝が流失し、一気に衰退してしまいました。

           

       

Img_0070_20201224141101

大正7年(1918年)に再興され、「霊光寺」として寺号を改称し、今日に至っています。

本堂の背後には、立久恵峡の「天柱峰」が、その先端を覗かせていました。

          

      

Img_0078_20201224141401

Img_0058_20201224141501

大正8年霊光寺が再建(さいこん)され、地元の今岡啓次郎氏は文殊、普賢両菩薩像を石仏で奉納しました。

これが立久恵峡五百羅漢・千体仏の始まりであり、以後次々に石仏が納められ、今では1400体余りの石仏、羅漢像が奉納されています。

           

       

Img_0049_20201224142001

Img_0051_20201224142101

Img_0055_20201224142101

これ等が、本堂下に奉納された石仏群で、とても1400体を数えることなどできません。

大木の周囲、崖の中腹、そして崖の下に安置・奉納され、それぞれに異なったお顔を見せてくれました。

 

※ 地図の表示は創建当時の「飛光寺」になっていますが、現在は「霊光寺」が正解のようです。

         

         

« 我が家のお正月 | トップページ | 出雲の「献上そば」 »

コメント

子宝に恵まれる霊験の滝が枯渇していては・・
五百羅漢、お顔や姿を見るのは結構楽しいのですが1400を超える石仏では私には恐らく途中で飽きてしまうでしょう。

⇒ 鉄腕マトムさん

これほど多くの石仏を観たのは初めてでした。 

すごい数に驚かされます。

五百羅漢像、徳島にある5番札所の地蔵寺は有名ですね。
香川の雲辺寺にもありますね。

1994年にインドのブッダガヤにある日本人寺に宿泊したことがあります。
霊感などない私ですが、早朝に般若心経を一緒に行った方たちと唱えていた時に、いきなり小鳥さん達が鳴きだしてビックリしたことがあります。
四国88カ寺、別格20カ寺も友人たちや娘と一緒にそれぞれ2回、回りました。
あの頃は若かったなぁと(笑)

→ 讃岐小母さん

インドへは行ったことがありません、すごい経験されましたネ~。

四国八十八ケ寺は三年前に10回程に分けて回ってきましたが、どうも寺々の記憶が混乱しています。

奥まで行きませんでした。
このような厳かなところがあったのですね。奥深さ、感じます。

→ キハ58さん

この「霊光寺」の周囲が一番厳かな空気に包まれていたようです。

元気で無ければ行けそうもないところですね・・
霊気が満ちており 吸い込まれてしまいそうですね・・
滝の水が涸れているのも気になります・・。

→ 遠音さん

背後の山は断崖のような斜面になっているため、雨水はすぐに流れ落ちてしまうのだと思われます。 そのため、滝の水はすぐ枯れてしまうのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家のお正月 | トップページ | 出雲の「献上そば」 »

2021年2月

 
1
2
Img_0004_20210129093801
3
4
Img_0006_20210131091301
5
6
Img_0005_20210201090601
7
8
Img_0026_20210202090901
9
10
Img_0051_20210205093601
11
12
Img_0081_20210207141601
13
14
Img_0104_20210208092701
15
16
Img_0002_20210210153501
17
18
Img_0016_20210211085701
19
20
Img_0034_20210213194701
21
22
Img_0054_20210215083601
23
24
Img_0002_20210216092901
25
26
Img_0038_20210217090701
27
28