« 出雲の「献上そば」 | トップページ | 浮浪山 鰐淵寺 »

2021年1月 9日 (土)

鰐淵寺へ向かって!

Img_0088_20201227103001

Img_0090_20201227103001

私達の車は出雲市から雲州平田の町を通り、県道250号線を北西へ向けて走りました。

日本海が見える「十六島湾」を右手に見た後は、すぐに山中へ向かい15分程で「鰐淵寺第一駐車場」に到着しました。

漢字で鰐(わに)淵(ふち)寺(てら)と書いて「ガクエンジ」と読みます。

         

        

Img_0092_20201227104001

Img_0093_20201227104101

駐車場に車を置いた私達は、右に左に色付いた沢山の紅葉に包まれながら、ボチボチと参道を歩きました。

「寺はすぐ先か…」と思って歩き始めましたが、何とその山道の長いこと…。

        

        

Img_00941

Img_00942

Img_00943

Img_00944

Img_00945

Img_00946

山門までの参道脇には、智春上人、慈覚大師・円仁、武蔵坊弁慶、頼源、栄芸、八百屋お七など、この鰐淵寺に所縁(ゆかり)のある人の事績と絵とが描かれていました。

そういえば武蔵坊弁慶も、この出雲地方にある寺で修行していたことを思い出しました。

           

       

Img_0097_20201227110201

Img_0098_20201227110201

第一駐車場から緩い坂道を20分程歩いて、やっと鰐淵寺の仁王門などが見えてきました。

私達が訪れたのは11月24日。

紅葉は、その秋一番の見頃に、何とか間に合ったようです。

         

        

Img_0104_20201227110701

Img_0105_20201227110701

小さな川の流れの向こうに「鰐淵寺・本坊」が見えてきました。

推古二年(594年)智春上人が推古天皇の眼疾を浮浪滝に祈って平癒されたことから、その報賓として建立(こんりゅう)された勅願寺です。 

智春上人が密法を修し給う折り、誤って碗の仏器を滝壺に落とされたとき、鰐魚(わに)が鰓(えら)にかけて浮かび上がったことから「鰐淵寺」との寺号を生じた…と伝わっています。

    

             

 

« 出雲の「献上そば」 | トップページ | 浮浪山 鰐淵寺 »

コメント

駐車場から徒歩20分!
紅葉と鰐淵寺に所縁のある人たちの絵を眺めながらですね
仏器をを落とした滝壺は近くにあるのでしょうか。

→ 鉄腕マトムさん

鰐淵寺の根本中堂をお参りした後、その浮浪滝まで山を上がりました。

次回以降をお待ちください。

ナカナカの山深さですね。
弁慶が修行していたの知りませんでした。でもこの周辺雰囲気、納得できます。

→ キハ58さん

鰐淵寺は、比叡山延暦寺と同じ天台宗のお寺です。 弁慶は勿論、古くから延暦寺との縁が深かったようです。

駐車場から約20分歩かれましたか!
私は岩手県の中尊寺で弁慶さんの像にお会いしました(笑)

→ 讃岐小母さん

駐車場からは「すぐ先だ!」と勝手に思い込んでいたので、思いの外、遠くて大変でした。

そこから先も、更に坂道と石段でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲の「献上そば」 | トップページ | 浮浪山 鰐淵寺 »

2021年2月

 
1
2
Img_0004_20210129093801
3
4
Img_0006_20210131091301
5
6
Img_0005_20210201090601
7
8
Img_0026_20210202090901
9
10
Img_0051_20210205093601
11
12
Img_0081_20210207141601
13
14
Img_0104_20210208092701
15
16
Img_0002_20210210153501
17
18
Img_0016_20210211085701
19
20
Img_0034_20210213194701
21
22
Img_0054_20210215083601
23
24
Img_0002_20210216092901
25
26
Img_0038_20210217090701
27
28