« 浮浪山 鰐淵寺 | トップページ | 東温市のマンホール・カード »

2021年1月13日 (水)

鰐淵寺の浮浪滝

Img_0131_20210109091101

Img_0134_20210109091101

鰐淵寺・根本中堂のお参りを終えた私達は、再び急な石段をゆっくりと下ってゆきます。

左右には赤く染まった紅葉などが、まるで頭上を覆うように枝を伸ばしていました。

暫く石段を下ってから、ふと右手を眺めると、緑や紅葉に交じって白っぽい花が、、、?

           

            

Img_0137_20210109091501

Img_0139_20210109091501

近づいてよくよく観ると、何と白っぽい花はカンザクラ(寒桜)ではありませんか!

             

          

Img_0140_20210109091701

Img_0142_20210109091701

「カンザクラ」は春に咲く「ソメイヨシノ」などの桜と違って、少し寂しい感じがしない訳ではありませんが、、。

それにしても見事に咲いて、周囲の紅葉とコラボレーション!

11月24日という寒い時期に、こんなに見事な桜の花を眺められるとは思ってもいませんでした。

         

   

Img_0150_20210109092301        

Img_0144_20210109092201

私達は思いがけず冬に桜の花を観ることができ、心ワクワクさせながら石段を下りました。

石段を下り切った所で「浮浪の滝」(徒歩8分)という小さな案内板を見つけ、その案内に従って川の上流へ向かいます。

            

           

Img_0145_20210109092601

川の流れの中に置かれた石を伝って川を渡ります。

その先は、苔むした緩やかな石段を少しすつ登ってゆきます。

滝まで本当に8分で着くの?

           

         

Img_0148_20210109092901

私達は苔を踏むと滑ってしまいそうになるので、なるべく乾いた石を踏みながら石段を登ってゆきました。

途中からは、かなりの急斜面の山道もあり、とても10分以下では到着しません。

左手の尾根をグルリと回りこむと、突然左奥に大きな崖が広がって、濡れた岩の上に小さな社が見えました。

           

          

Img_0149_20210109093301

見えてきたのが「浮浪滝」です。

滝壺があった場所には、お社が設けられ、あそこで落ちる滝の水を浴びながら「滝行」(タキギョウ)が行えるようです。

残念ながらその日の水量は僅かで、「行」を行えるほどではありませんでした。

( 写真に水を表す白い線を加えてみました )

         

       

Img_0152_20210109093901

「浮浪滝」からの下り道は案内の通り8分くらいで済みました。 

あの「徒歩8分」は帰ってくるときの時間だったのかもしれません。

紅い紅葉に包まれた鰐淵寺(がくえんじ)・本坊を左手に眺めながら駐車場を目指します。

私達は島根半島の先端部に近い鰐淵寺で、紅葉と冬桜とを楽しんできました。

          

             

« 浮浪山 鰐淵寺 | トップページ | 東温市のマンホール・カード »

コメント

冬に桜を、
思わぬ出会いへの感動はわかります
滝行ってあの高さからの水圧はものすごいでしょうね
徒歩8分は帰り道・・思わず笑ってしまいました。

寒桜・・きれいですよねー 私は 北海道の江差で見たことが有り
どの桜より早く咲くので・・みんなに一番に愛でられるんだな・・と
思ったことを 思いだし・・夫も元気だったと・・桜は何故か亡き人と
重ねてしまいがちなお花です。

→ 鉄腕マトムさん

こんなに寒い11月末に、桜の花と会えるとは思っていませんでした。

思わぬプレゼントをいただいたような嬉しい気持ちでした。

→ 遠音さん

江刺にも寒桜がありましたか、、、。

寒い冬に桜の花を眺めるなんて、嬉しいことですよネ!

浮浪滝、今頃なら凍り付いているのでしょうね。
寒桜がこんなに咲いているのは見たことがありません。
紅葉と桜も見られてとても小良い一日でしたね。

→ 讃岐小母さん

関東では藤岡市にある「鬼石の冬桜」が有名で、愛知県では豊田市にある「小原の四季桜」が有名です。

思いがけず、寒桜が眺められて、幸せな時間を過ごしました。

寒桜、そして滝ですか!
鰐淵寺、素晴らしいですね^^

→ キハ58さん

山奥にある「浮浪の滝」は、水量はありませんでしたが、とても雰囲気のある滝でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浮浪山 鰐淵寺 | トップページ | 東温市のマンホール・カード »

2021年2月

 
1
2
Img_0004_20210129093801
3
4
Img_0006_20210131091301
5
6
Img_0005_20210201090601
7
8
Img_0026_20210202090901
9
10
Img_0051_20210205093601
11
12
Img_0081_20210207141601
13
14
Img_0104_20210208092701
15
16
Img_0002_20210210153501
17
18
Img_0016_20210211085701
19
20
Img_0034_20210213194701
21
22
Img_0054_20210215083601
23
24
Img_0002_20210216092901
25
26
Img_0038_20210217090701
27
28