2020年10月31日 (土)

出雲坂根駅・三段式スイッチバック

Img_0003_20201027085201

Img_0005_20201027085201

私達の車は国道314号線を一気に下って「出雲坂根駅」という大きな案内板のある駅前・駐車場へ車を停めました。

JR木次線の「出雲坂根駅」は、急坂を列車が登りきる工夫である「三段スイッチバック」で全国的に有名な駅です。

            

           

Img_0006_20201027085701

Img_0007_20201027085801

本当は、線路をもっと先まで歩いて、複雑な線路写真を撮りたかったのですが、ホームの端に「関係者以外、線路内への進入禁止!」の表示板があり、残念でしたが「下り線」への通路上からシャッターを押しました。

左の線路から右の線路へ、右の線路から左の線路へ! 交差している線路が遠くに見えています。

           

          

Img_0009_20201027090401

Img_0008_20201027090401

「出雲坂根駅は 三段式スイッチバック のある駅です」という表示板がホーム奥に立っていました。

左側の八田・木次・出雲方面からやってきた列車は一番ホームに入線して乗降客の乗り降りをさせます。 

次に列車は赤い線に従って左上方へ進んで坂道を上り、そこで再び右上の三井野原・備後落合方面へ坂道を上ってゆきます。

     

    

Img_0010_20201027092301

この出雲坂根駅は、標高565mの場所にありますが、次の三井野原駅は標高726mで、その標高差は161mもあります。

やっぱり「スイッチバック」などの「折り返し運転」で、急坂を上る工夫が必用なのだと思われました。

            

           

Img_0004_20201027092801

Img_0011_20201027092901

出雲坂根駅の時刻表を見ると、備後落合方面は11:45、木次・宍道方面は14:07分に、ポスターに登場する「奥出雲おろち号」がこの駅を通過してゆくようです。

11時半に昼食の予約をしている私達は「奥出雲おろち号」を待つことなく、そのまま駅を出発しました。

             

      

Img_0012_20201027093401

Img_0013_20201027093401

尚、「出雲坂根駅」には、もう一つ有名なものがあります。 それが駅舎の工事中に湧き出てきた「天真名井」(アメノマナイ)と名付けられた清らかな水です。

あまりにも駅舎に多くの人々が訪れることから、現在では国道を隔てた反対側に源泉を見つけて「延命水」と名付け、そちらで誰でも無料で水がくめるようになっています。

駅の反対側に設けた駐車場には、私達の他に数台の車が駐車中で、それぞれに水汲みをしているようでした。

機会がありましたら、どうぞポリタンクなど持ってお立ち寄りください。 源泉や駐車場は駅の対面にあります。

           

※ 10月30日(金)、久しぶりに映画館へ行き「劇場版・鬼滅の刃・無限列車編」を観てきました。           

  

  

«再び「道の駅・奥出雲おろちループ」へ!

« 2020年10月 »

 
 
 
 
1
Img_0018_20200925092701
2
3
Photo_20200926090401
4
5
Img_0054_20200928091701
6
7
Img_0001_20200929085401
8
9
Photo_20200930094401
10
11
Photo_20201002114301
12
13
Photo_20201003191101
14
15
Img_0045_20201004094901
16
17
Img_0084_20201005105801
18
19
Img_0096_20201006161601
20
21
Photo_20201007092001
22
23
Photo_20201008125301
24
25
Img_0133_20201009085701
26
27
Img_0147_20201011091201
28
29
Photo_20201026082401
30
31
Img_0003_20201027085201