2020年7月31日 (金)

中山千枚田

Img_0062_20200725085901


Img_0063_20200725090001


「こまめ食堂」でいただいた「おにぎり」は、店のすぐ裏手に広がる「中山千枚田」で収穫されたお米で作られています。


かなりの急斜面が小さな棚田で覆われ「耕して天に至る!」と表現された通りの段々につくられた田んぼが見えました。


この地に天皇・皇后両陛下がお見えになり、この棚田をご覧になったようです。


        


   


Img_0065_20200725090501


Img_0067_20200725090501


昼食を終えた私達は元気一杯!


少しづつ棚田の間の畦道を上に、上に登ってゆきました。


見えてきたのは、水源近くに設けられた「中山湯船の水・共同洗い場」です。


        


       


Img_0068_20200725091001


Img_0069_20200725091001


Img_0070_20200725091001


先ず「共同洗い場」の外に、土の付いた野菜などを洗う水場があり、建物内の左に洗濯場、右に野菜などの洗い場がそれぞれ二槽づつ設けられています。


地域の主婦が集まり、洗濯をし野菜を洗いながら世間話しに花を咲かせる様子が目に浮かぶようでした。


        


            


Img_0071_20200725091601


いかがですか! 「中山千枚田」を上から見下ろした素晴らしい眺めです。


小さな田んぼがいくつも階段状に並び、それぞれの田が水をもらい、水を落としています。


        


       


Img_0064_20200725091901  


Img_0079_20200725091901  


畳10枚程の小さな田があったり、僅か3列程の細長い田もあります。 


田植えも、稲刈りも、それぞれに大変手間のかかる農作業になっていることでしょう!


毎年秋になると、それらの努力の結晶が「中山千枚田の米」として販売されています。


         


       


Img_0085_20200725092301


Img_0083_20200725092301


Img_0081_20200725092401


「中山千枚田」の一番高い所に「湯船山蓮華寺」がありました。


小豆島のほぼ中央部に位置する「湯船山」には、クス、イブキビャクシンなどの自然木が多く繁茂し、その社叢から湧き出る「湯船の水」は中山千枚田の貴重な水源となっています。


          


            


«こまめ食堂

« 2020年7月 »

 
 
 
1
Img_0066_20200624083901
2
3
Img_0002_20200625084001
4
5
Img_0006_20200628140501
6
7
Img_0011_20200629101801
8
9
Img_0016_20200630184801
10
11
Img_0011_20200706090301
12
13
Img_0001_20200707085401
14
15
Img_0055_20200708101501
16
17
Img_0001_20200709123701
18
19
Img_0022_20200710104001
20
21
Img_0036_20200714091001
22
23
Img_0023_20200715090501
24
25
26
27
Img_0024_20200718084501
28
29
Img_0050_20200720085701
30
31
Img_0062_20200725085901