2020年5月30日 (土)

麦秋

Img_0003_20200525193201

Img_0004_20200525193501

私達が住んでいる四国の高松市郊外は、見事な「麦秋」(バクシュウ)の季節を迎えています。

周囲の山々は若葉が溢れた「新緑の季節」なのですが、麦畑だけは写真のように黄金色。

そんなことから、この初夏の時期を「麦だけは収穫の秋を迎えた…」という意味から日本人は「麦秋」と呼んできました。

   

        

Img_0006_20200525193201

いかがですか!  豊かに実った小麦の穂が爽やかな五月の風に、重そうに揺れていました。

一昔前までは、この麦藁から「ストロー」を作っていました。

  

   

Img_0007_20200525193901

元々は、麦の穂を刈り採った後の麦稈(バッカン)(英語でStraw)を飲み物を飲む道具として使ったものがストローの始まりでした。

プラスチック製品を減らすためには、もう一度このストローに戻したらいかがでしょう?

            

           

Img_00221

Img_00222_20200525194801

Img_00223

同じ麦畑の ①4月7日、②5月8日、そして③5月15日の様子です。

黄色く色付き始めると、グングンと一気に穂が色付いてゆくのは、まるで大自然の魔法です。

どうぞ機会を見つけて、この小麦で造った「さぬきうどん」を、お召し上がりください!

    

      

«ご近所散歩・その3

« 2020年5月 »

 
 
 
 
 
1
2
Img_0028_20200426083501
3
4
5
6
Img_0024_20200503083601
7
8
Img_0006_20200504085901
9
10
Img_0016_20200505133801
11
12
Img_0001_20200506143201
13
14
Img_0039_20200507085601
15
16
Img_0001_20200508100201
17
18
Img_0001_20200514083201
19
20
Img_0021_20200515091301
21
22
Img_0001_20200516102001
23
24
Img_0007_20200518084301
25
26
Img_0018_20200519094301
27
28
Img_0010_20200522134701
29
30
Img_00221
31