« 吉海バラ公園 | トップページ | 「奥の池」が「奥の原」へ! »

2019年8月 5日 (月)

亀老山展望台

Img_0054_20190719160101


Img_0055_20190719160201


私達は大島の島内にある「道の駅・よしうみいきいき館」へ移動し、昼食には新鮮な海の幸がタップリの「海鮮丼」をいただきました。


背後に見えている「しまなみ海道」には、自動車道だけでなく、その両端に自転車専用道路が設けられているため、全国どころか海外からも毎年多くのサイクリストが訪れて銀輪を光らせています。


そんな理由から、この道の駅は「サイクリストの聖地」などとも呼ばれているようです。


     


           


Photo_20190719161101


Img_0067_20190719161001


Img_0068_20190719161201


私達は吉海町内を走って、亀老山(キロウサン)の山頂を目指して車を走らせました。


大島の洞窟に観音像を背負った亀がいて、その観音像を祀って崇拝したことから「亀老山」と呼ばれるようになった…という伝説が残っているようです。


   


      


Img_0065_20190719162401


標高307.8mという亀老山・山頂にある展望台です。


東京タワーの高さが333mなので、それより少し低いのですが、正面に広がる瀬戸内海を眺める絶景ポイントです。


       


           


Img_0061_20190719162701


亀老山展望台からのパノラマ写真です。


写真を一度、二度、クリックして大きな画面でお楽しみください!


正面が今治市方面、右手に伸びているのが「しまなみ海道」の来島海峡大橋方面です。


          


            


Img_0057_20190719163001


正面右手に見えている来島海峡大橋方面です。


正確には馬島を起点にして第一来島海峡大橋、第二来島海峡大橋と二つの橋が繋がっています。


因みに、来島海峡大橋の橋脚は184mなので、亀老山はその二倍程の高さがあります。


次回は、もう少し視界の良い日に、是非もう一度訪れてみたいものだと思いました。


        


                


« 吉海バラ公園 | トップページ | 「奥の池」が「奥の原」へ! »

コメント

亀老山に七堂伽藍は残っていないのでしょうか?
橋には歩道もあるそうですが果たして徒歩で渡る人はいるのでしょうか。

→ 鉄腕マトムさん

残念ながら、現在では、七堂伽藍どころか「寺」そのものが残っていないようです。 その名前だけが残ったんですね。

「しまなみ海道」はかなり長い橋なので、実際に歩行者を観たことは一度もありません。 みんな自転車で走っています。

あらっ! 可愛らしい看板ですね~。

しまなみ海道のサイクリングは気持ち良いでしょうね。

お盆でしばらくお休みしますが また復帰しましたらよろしくお願いします。

素晴らしい眺望ですね!
自然が多い分、瀬戸大橋より調和感あります^.^/

→ あかずきんさん

「しまなみ海道」は「瀬戸大橋」と違って、自転車専用道路が大人気のようです。 瀬戸大橋のある香川県としては、ちょっと羨ましいことです。
お盆、どうぞ皆さんと楽しい時間を!

→ キハ58さん

島々の間隔が狭いので、それ程に長い橋はなく、すぐに次の島に渡れるのが「しまなみ海道」の良いところですネ~。

→ キハ58さん

島々の間隔が狭いので、それ程に長い橋はなく、すぐに次の島に渡れるのが「しまなみ海道」の良いところですネ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉海バラ公園 | トップページ | 「奥の池」が「奥の原」へ! »

2019年9月

1
2
Img_0086_20190813091501
3
4
Img_0104_20190816154601
5
6
Img_0120_20190818100401
7
8
Img_00010
9
10
Img_0010_20190831085601
11
12
Img_0049_20190902085601
13
14
Img_0090_20190906085501
15
16
Img_0107_20190906130101
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30