« 徳島の聖観音堂 | トップページ | JR予讃線・下灘駅 »

2019年2月24日 (日)

東温市のマンホール・カード

Photo
 
1月30日(水)、私達は車に乗り込んで自宅のある高松市から愛媛県東温市を目指して、高松道、松山道と車を走らせました。
 
目的は、写真の東温市のマンホール・カードを入手のため。
 
東温市郊外にある「さくらの湯観光センター」という温泉入浴施設と観光物産センターが一緒になった新しい施設に行って、マンホール・カードをいただきました。
 
 
 
 
Photo_2
東温市は、平成16年に旧・川内町と旧・重信町とが合併してできた新しい市ですが、マンホールには、鋳鉄製のマンホール蓋がプリントされていました。
 
中央に東温市の市章を描き、その周囲に川内町の「町の花」に指定されていた桜の花、その間に「町の木」だった楠の葉を挟み、点線のような点は清流を維持するために設けられていた石積みを表しています。
 
 
 
 
Photo_3
 
このマンホール蓋は、旧・川内町のマンホール蓋のデザインを元にして、作成されたもので、中央に東温市の市章が描かれています。
 
出来れば、「市章」だけでなく、一番下の平仮名も「かわうち」ではなく、「とうおん」と改めた方が東温市らしくなるような気がしました。
 
 
 
 
Photo_4
 
こちらがそのデザインの元となった旧川内町のマンホール蓋です。
 
中央部分に旧川内町の町章が描かれていて、これが旧・川内町の当時に敷設されたものだと判別できます。
 
せっかく愛媛県まで車を走らせてきたのですから、伊予灘駅近くの「水仙街道」まで足を延ばしてゆきましょう!
 
 
 
 
 
 

« 徳島の聖観音堂 | トップページ | JR予讃線・下灘駅 »

コメント

「くすのき」「さくら」と説明がついているのが面白いです、
中央の市章を確認するなんて細かいですね!

→ 鉄腕マトムさん

旧川内町と東温市とは、中央の町章が市章に変わっただけなんですネ~!

図形アートなデザインですね!
モノクロマンホールにピッタリです^.^/

→ キハ58さん

全体としては、「桜の花」をイメージさせていますネ!

配布しているのは「さくらの湯観光センター」で、近くには「桜三里」という桜並木があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東温市のマンホール・カード:

« 徳島の聖観音堂 | トップページ | JR予讃線・下灘駅 »

2019年12月

1
Img_0014_20191126193601
2
3
Photo_20191130093201
4
5
Photo_20191201085301
6
7
Img_0013_20191202090501
8
9
Photo_20191203133701
10
11
Img_0001_20191204195701
12
13
Img_0001_20191205103101
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31