« 詫間町・浪打八幡宮 | トップページ | 岡山県真庭市へ! »

2018年12月 2日 (日)

鼓童・「巡-MEGURU-」

Img_0009


11月3日の主たる目的地は、写真の「三豊市文化会館マリンウエーブ」です。

この文化会館は、三豊港のすぐ前にありました。

 

 

 

 

Photo


Img_0036


この日、三豊市文化会館で行われるのは、日本を代表する太鼓芸能集団・鼓童の日本国内巡回公演「巡る」の第一回公演です。

もう10年程前のゴールデンウイークに、当時住んでいた東京から佐渡島へロングドライブに出掛けた時、偶然「鼓動」の活動拠点である鼓童スタジオを訪ねたことがきっかけで、私達は和太鼓の魅力に取り憑かれてしまいました。

そんなことから、東京の文京公会堂で行われた「ワン・アースツアー」と名付けられた演奏会に行ったこともありました。

 

 

 

 

Img_0035


毎年、1~3月までは、欧米まで演奏ツアーを実施している和太鼓の芸術集団だけあって、その日の公演も満員の聴衆を飽きさせることのない、素晴らしい演奏でした。

 

 

 

 

Img_0040


11月から始まる今年の「鼓童」の演奏ツアーのスケジュールを見ると、その日、11月3日三豊市文化会館マリンウエーブでのステージが「第一回」で、12月23日まで全国で28回の演奏を続けるようです。

 

 

 

 

Img_0039

この写真は、彼らの活動拠点である佐渡で撮ったものなのでしょうが、男性は力強く、女性は繊細で、共に若々しい撥さばきを、会場いっぱいに響かせてくれました。

ただ力強く撥を打ちつけるだけでなく、音楽の世界で云うピアニッシモの小さな、小さな太鼓の響きは素人の太鼓集団では、決して聞くことのできない撥の音で、流石にプロの太鼓集団だと思わせます。

 

 

 

 

Img_0041

Img_0037

演奏をしている会場内では、カメラ撮影が禁止されているため、ご紹介した写真は、「鼓童」のHPから拝借したものですが、実際に太鼓が鳴り響いている会場は、とても写真を撮る…といった雰囲気ではなく、真剣勝負から出る緊張感あるステージでした。

昔から引き継がれてきた日本人の魂でもある「和太鼓」の音に、心を揺さぶられる数時間を楽しんできました。

 

 

 

 

 

 

« 詫間町・浪打八幡宮 | トップページ | 岡山県真庭市へ! »

コメント

鼓童ですか!
太鼓の響きは日本海の怒涛を表現しているように感じられますね
輪島の御陣乗太鼓を思い出しました。

→ 鉄腕マトムさん

「鼓童」は、同じ日本海に浮かぶ佐渡島の鬼太鼓座が起源のグループのようです。 

素晴らしいステージにいらっしゃいましたね!
太鼓、音のアート・・・人間の命鼓動に共鳴しそうです^.^/

→ キハ58さん

流石にプロの太鼓は、スゴイ迫力とリズム感に溢れていました。

TVでしか見ていなかったですが。それでも魂に響く演奏でした。
臨場感溢れる生舞台・・素晴らしいです! 良かったですね。

→ 遠音さん

偶には、こんな魂を揺さぶられるような生演奏も、良いものですネ!

一気に若くなったような気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/67410334

この記事へのトラックバック一覧です: 鼓童・「巡-MEGURU-」:

« 詫間町・浪打八幡宮 | トップページ | 岡山県真庭市へ! »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31