« 鎚起銅器の玉川堂・燕本店 | トップページ | 長岡の花火 »

2018年10月 3日 (水)

燕市のマンホール・カード

Photo

 
新潟県燕市のマンホール・カードです。
 
良寛ゆかりの国上山の山麓を走る県道2号線沿いに設けられた「道の駅・国上(くがみ)」へ立ち寄り、このマンホール・カードをいただきました。
 
現在は合併して燕市になった「旧・分水町」の、町名の由縁になった「大河津分水可動堰」をマンホールの中心に描き、当時の「町の花・桜」を周囲に散りばめています。
 
 
 
 
Photo_2
 
名僧として名高い良寛は、少年時代を、この分水町で過ごしています。 
その後、備中玉島の円通寺で修業の後、諸国行脚の経て、再びこの分水町へ戻り、国上山麓の「五合庵」で「只管打座」(シカンタザ)の静かな日々を送りました。 
そんな良寛和尚は地域の子供達と手毬で遊び興じた…という伝えから、カードの左右に「手毬」が描かれています。
 
 
 
 
1
 
「道の駅・国上」のすぐ前を走る県道で、マンホール・カードと同じ絵柄のカラ-・マンホール蓋を見つけました。
 
 
 
 
2
 
同じ絵柄の鋳鉄製マンホール蓋です。
 
やはり、これでは何を描いているのか、分かり難いかもしれません。
 
 
 
 
3
 
燕市内に多く見られるマンホール蓋です。 中央に「旧・市章」、すぐ下に「市の花・菊」、そして「つばめ」を上部に描いてあります。
 
燕市はご承知の通り洋食器の世界的なシェアを産する工業都市。 そんなことから、マンホールの周囲に描かれているのは、洋食器のお皿だと思われます。
 
 
 
 
 
 

« 鎚起銅器の玉川堂・燕本店 | トップページ | 長岡の花火 »

コメント

わ!
綺麗なデザイン!!
インパクト「大」です、
ツバメのデザインも率直でいい感じです。

→ 鉄腕マトムさん

旧・分水町のものより、ツバメを描いた燕市のマンホール蓋の方が分り易くて綺麗です。

なかなか精巧な蓋ですね。
色使いも、見栄えします。
ほんと、アートですね^.^/

→ キハ58さん

カラーにすると、かなり緻密な絵柄が描けますネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/67202982

この記事へのトラックバック一覧です: 燕市のマンホール・カード:

« 鎚起銅器の玉川堂・燕本店 | トップページ | 長岡の花火 »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31