« 敦賀ムゼウム | トップページ | ランプロファイヤー岩脈 »

2018年10月17日 (水)

東香川市のマンホール・カード

Photo

 
東香川市のマンホール・カードの表面です。
 
中央に東香川市の「市章」を大きく描き、背景の青い色は「瀬戸内海」、そして左右に二列に並んでいるピンクの丸は「市の花・コスモス」をイメージ化したものでした。
 
 
 
 
Photo_2
 
東香川市の「市章」は、平仮名の「ひ」を図案化したものですが、左右に描かれた三本の羽根は合併する以前の引田町、白鳥町、大内町を現し、三つの町が一緒になってできた市であることを表現しています。
 
 
 
 
1
 
旧・白鳥町の港近くにある東香川三本松浄化センターの前まで車を走らせ、マンホール・カードに描かれたカラー・マンホール蓋の写真を撮ってきました。 
設置してから間もないせいか、まだ色合いが鮮やかで、綺麗です。
 
 
 
 
2
 
すぐ近くには、普通に使われている鋳鉄製のものも見つけました。
 
点、点、を並べて「市章」を表しているせいか、少し判別しにくくなっています。
 
 
 
 
Photo_3    
 
東香川市に合併する以前の「旧・白鳥町(しろとりまち)」のマンホール蓋です。
 
「しろとり」なので「白鳥」の羽根で大きく円を描き、遠くに三羽の白鳥が飛んでいます。
 
このデザインは秀逸ではありませんか?
 
 
 
 
Photo_4
 
同じく、東香川市を構成していた、旧・引田(ひけた)町のマンホール蓋です。
 
当時「町の花」に指定されていた「梅の花」を五つ並べて、その中央に「ひけた」という平仮名加えたデザインです。  
梅の花を五つ描いて、全体でも梅を現し、その外側の円周に描いた丸い点は、雌蕊を表しているのでしょう。
 
とても上品なデザインです。
 
 
 
 
2_2
 
同じく、旧・引田町のマンホール蓋ですが、ごく初期に造られたものらしく、既製品のデザインの中央部に旧・町章を加えただけの簡単なデザインです。
 
町、それぞれに創意・工夫を感じる東香川市のマンホール蓋でした。
 
 
 
 
 
 

« 敦賀ムゼウム | トップページ | ランプロファイヤー岩脈 »

コメント

コスモスですか・・
チョットイメージが湧きませんでした
しかも彩色のないものは何がなんだか・・
白鳥はどう見ても鶴に見えてしまいますが・・
デザインそのものは素敵ですね。

→ 鉄腕マトムさん

縦に並んだ二列の〇が、コスモスの花と云われても、、、何だかそんなイメージは湧いてきませんよネ!

シンプルな蓋、なんかいいです^.^/
カレンダーのマンホール蓋日めくり、人気あるそうですね!

→ キハ58さん

「マンホール女子」まで登場して、なかなかマンホール蓋の人気が広がってきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東香川市のマンホール・カード:

« 敦賀ムゼウム | トップページ | ランプロファイヤー岩脈 »

2019年8月

 
 
 
 
1
Img_0037_20190711142001
2
3
Img_0002_20190717084301
4
5
Img_0054_20190719160101
6
7
Img_261
8
9
Photo_20190720134501
10
11
Photo_20190723090701
12
13
Img_0024_20190724090301
14
15
Img_0031_20190725141601
16
17
Photo_20190726143601
18
19
Photo_20190729101001
20
21
Img_0004_20190802092601
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31