« めがねのまちさばえ | トップページ | 敦賀ムゼウム »

2018年10月13日 (土)

敦賀鉄道資料館

Img_0018

私達の車は敦賀市内に入り、敦賀湾の一番奥にある「敦賀鉄道資料館」まで車を走らせました。  ちょっとお洒落な洋風二階建ての建物でした。
 
この建物は、明治15年(1882年)敦賀に鉄道が開通したとき、金前寺前に「金ケ崎駅」として建築され、大正2年に鉄道桟橋前に移転し、更に大正8年(1919年)に「敦賀港駅」と名を改めた駅舎です。
 
 
 
 
Img_0019
 
Img_0022
 
現在「敦賀鉄道資料館」として使われているこの建物は、かつて、敦賀港とウラジオストックを繋ぐ連絡船の発着港として脚光を浴びた駅舎で、「欧亜国際連絡列車」の発着駅として造られた「旧敦賀港駅舎」を再現したものです。
 
 
 
 
Photo
 
Photo_2
 
その「敦賀鉄道資料館」で、私達は敦賀市のマンホール・カードをいただきました。
 
日本三大松原に数えられる「気比の松原」の先には敦賀湾が広がり、明治14年に日本人のみの力によって設計・施工された「立石岬灯台」が見え、空にはユリカモメが舞っている…という絵柄が描かれています。
 
 
 
 
1
 
敦賀鉄道資料館のすぐ近くで、マンホール・カードに描かれていたものと同じデザインのカラー・マンホール蓋を見つけました。
 
 
 
 
2
 
マンホール・カードの裏面で紹介されている、さくらの名所・金崎宮の「桜の大木」を描いた彩りも鮮やかなカラー・マンホール蓋です。
 
その日の敦賀市内は気温35度、暑い、暑い敦賀でした。
 
 
 
 
 
 

« めがねのまちさばえ | トップページ | 敦賀ムゼウム »

コメント

子供の頃見ていた少年雑誌には「夢の弾丸列車」というイラストがよく載っていました、
あれは今の「新幹線」なのでしょうか?
歩道に設置されたマンホール蓋、ゆっくり鑑賞できるのでいいですね。

素敵な鉄道駅舎ですね!
知りませんでした・・・チェック チェック^.^/

→ 鉄腕マトムさん

神戸から明石・加古川方面に向かって、ほぼ直線の道路(第二神明道路)が走っていますが、戦時中に弾丸列車の敷地として買収された用地を道路に転用したものです。  

東京から下関まで広軌鉄道の用地として買収されていったようで、新幹線に使われました。

→ キハ58さん

この敦賀港駅舎は港にあり、現在の敦賀駅とは離れているため、せっかくなのに、あまり知られていないようです。

真夏の暑い日に敦賀に来られていたのですね。
この辺りには、今年の4月下旬に、「中池見湿地」へウォーキングで行き、サワオグルミの群生やキンラン等観察してきました。
小高い山の上の展望台から敦賀湾や人道の港等を見下ろしたことを思い出しました。
下りは、金崎宮に立ち寄り参拝してきました。

→ スーちゃん

その金崎宮のすぐ前まで歩いて行って、カラー・マンホールの写真を撮ってきました。 敦賀はとても暑かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/67245776

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀鉄道資料館:

« めがねのまちさばえ | トップページ | 敦賀ムゼウム »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31