« 足利市のマンホール・カード | トップページ | 千曲市のマンホール・カード »

2018年9月12日 (水)

小諸市ご当地マンホール蓋

Img_0002  
 
私達の車は関越道を走って、群馬県から碓氷峠を通過し長野県へ入りました。
 
そこで寄り道をしたのが小諸市。
 
小諸市には、正確に分類すると、写真のように何と16種類ものマンホール蓋のデザインがあるようです。
 
 
           
            

 Photo

Photo_2
 
マンホール蓋一覧表の一番最初に紹介されている 「①三の門(カラー)」 が小諸市のマンホール・カードにプリントされています。
 
雪化粧の浅間山を背景にした小諸城三の門が描かれ、その周囲を「市の花・コモロスミレ」と「市の木・梅」を散りばめたデザインです。
 
 
 
 
Photo_3
 
Photo_4
 
一覧表の二番目に紹介されている ① 三の門(カラー)と、②三の門(鋳鉄製) です。
小諸と云えば「懐古園」が全国的にも有名ですが、この「三の門」が懐古園の入口として使われています。
 
 
 
 
Img_0001
 
これが小諸駅のすぐ南側にある小諸城の「三の門」です。
 
小諸城址は、千曲川に面した断崖上に設けられていますが、本丸が城下町より低い位置に設けられているため、全国的にも珍しい「穴城」と呼ばれています。
 
 
 
 
Photo_5
 
私達が小諸市内で見かけたのが、一覧表 ⑨ウメの木に市章「下水」 でした。
 
「小諸市の市章」を中央に描き、周囲に「小諸市の木・梅」を描いたものです。
 
小諸市内には、浅間山をカラーで描いたものや、鮮やかにニッコウキスゲをカラーでプリントしたものもあるようです。   機会を見つけて、また訪ねてみたいものだと思いました。
 
 
 
 
 
 

« 足利市のマンホール・カード | トップページ | 千曲市のマンホール・カード »

コメント

これは新たな観光スポット開発に役立ちそうじゃないですか
これを見たら探さずにいられませんね!

→ 鉄腕マトムさん

これだけの種類のマンホール蓋があると、マニアでなくても、色々な種類のマンホール蓋を探してみたくなりますよネ!

思い出しました。

小諸なる古城のほとり
雲白く遊子(ゆうし)悲しむ
緑なすはこべは萌えず
若草も籍(し)くによしなし
しろがねの衾(ふすま)の岡辺(おかべ)
日に溶けて淡雪流る


時々島崎藤村を今一度読んでみたくなります。
わたしの 青春の書です。

→ 遠音さん

藤村の「千曲川旅情の歌」は、小諸・懐古園を訪れる誰もが思い出すようです。

何とも、詩情あふれる詩ですよネ!

懐古園と浅間山・・・小諸の代表ですね!
有色も無色も、似合います^.^/

→ キハ58さん

懐古園の入口に使われている「三の門」が、公園の風格を感じさせますネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/67119210

この記事へのトラックバック一覧です: 小諸市ご当地マンホール蓋:

« 足利市のマンホール・カード | トップページ | 千曲市のマンホール・カード »

2018年11月

       
1
2
Img_0014_2
3
4
Img_0023
5
6
Img_0026
7
8
Img_0088
9
10
Img_0010
11
12
Img_0018_2
13
14
Photo_5
15
16
Img_0035
17
18
Img_0049
19
20
Img_0004
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30