« 大根島・由志園 | トップページ | ベタ踏み坂 »

2018年7月14日 (土)

由志園の牡丹

Img_0046

Img_0054
 
由志園の園内にある「牡丹の館」へ入ると、館内のどちらを向いても、ボタン、ぼたん、牡丹!
 
見事に、そして艶やかに咲いた牡丹の花に囲まれ、すっかり季節を忘れてしまいます。
 
 
 
 
Img_0042
 
驚いたことに、どのボタンの花も見頃のものばかり!
 
色も形も異なるボタンが、あちこちに咲き乱れていました。
 
さぞ、係の方は毎日の手入れや花の交換作業に忙しいことでしょう。
 
 
 
 
Img_0057
 
Img_0060
 
ボタンの花は、金色の舞台の上で咲いていたり、鉢植えにされていたり、異なる色合いの牡丹が一つの壺から咲いていたり、それぞれに工夫されて観る人達を飽きさせませんでした。   
私にとっては三度目の「由志園」でしたが、 満足! 満足! の再訪でした。
 
 
 
 
Img_0066
 
Img_0067
 
「牡丹の館」を出れば、そこには、またまた見事に手入れされた和風庭園が広がります。
 
 
 
 
Img_0075
 
Img_0076
 
池泉回遊式庭園だけでなく、真っ白な「白砂」を敷き詰めた石庭がありました。
庭には、珍しい「多行松」が植えられたりしています。
 
 
 
 
Img_0073
 
Img_0078
 
庭の中には小さな滝の流れを造ってあります。
その奥では観音様のお姿を拝むこともできました。
 
 
 
 
Img_0077
 
Img_0081
 
静かな石庭から、丹塗りの橋が架けられた池の周囲を歩いた私達は、ようやく大きな本館建物に到着しました。
 
正面に見事なお庭を眺めながらお茶を飲むことができるゆったりした喫茶室があり、名産の高麗人参や、その関連商品を販売する大きなショップがありました。
 
 
 
 
Img_0083
 
Img_0082
 
私達は、本館建物内にある日本料理「竹りん」に入って、少し早めでしたが昼食に「季節の特製・竹りん弁当」をいただきました。
 
皆生温泉のホテルでしっかり朝食をいただいてきたはずなのに、出てきた料理をきれいに食べてしまいました。
 
 
 
 
 
 

« 大根島・由志園 | トップページ | ベタ踏み坂 »

コメント

なんて美しい牡丹の数々!
手入れの行き届いた庭に素晴らしい料理
心が「満腹」になりそう。

鳥取県へ行かれる場合は、是非ご覧ください。
私は「足立美術館」よりお勧めしたい気分です。

庭園も素晴らしいですし、懐石風お弁当も!
完食しちゃうの納得です。
松江の素敵さが凝縮された感じですね^.^/

→ キハ58さん

そうそう、中海に浮かんでいる大根島は、松江市なんですよネ!

弓ヶ浜半島にある米子や境港が鳥取県なので、ウッカリ錯覚してしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/66881546

この記事へのトラックバック一覧です: 由志園の牡丹:

« 大根島・由志園 | トップページ | ベタ踏み坂 »

2018年7月

1
2
Img_0001
3
4
Img_0029
5
6
Img_0004
7
8
Img_0029
9
10
Img_0003
11
12
Img_0027
13
14
Img_0046
15
16
Img_0085
17
18
Img_0089
19
20
Img_0098
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31