2018年7月30日 (月)

6月の野草

Img_0001

Img_0002
 
Img_0003_2
 
蕾はまん丸なのに、花が咲くと、真っ白な花が一気に爆発したように、パーッと雄蕊を開いて咲くのは「キンバイカ」です。  
 
こんな可愛い花を咲せたキンバイカは、秋になると赤紫色した小さな実をつけます。 
調べてみると「食べられる…」と書いてありましたが、、、私は食べたことは、ありません。
 
 
 
 
Img_0007
 
道路端の茂みに、優しいピンク色した片喰(カタバミ)の花を見つけました。
 
このカタバミは、繁殖力が強く、どんどんと周囲に広がってゆきます。
 
 
 
 
Img_0010
 
そんな生命力の強さから「子孫繁栄」の象徴とされ、三枚の葉を描いた「片喰」が家紋として採用されました。
 
 
 
 
Kenkatabami2
 
多くの武家で好まれたのは、三枚の葉の間に剣を加えた「剣片喰」という家紋でした。
 
そして、全体を丸で囲んだ「丸に剣片喰」という家紋が誕生しました。
その昔、伊予宇和島・伊達藩の弓の指南役をしていた…という私の先祖が、この家紋を採用したようで、我が家の家紋として伝えられています。
 
 
 
Img_0012
 
このブログの4月23日にご紹介した「アケビの花」の続報です。
 
※ 4月23日  旅のスナップ   
http://tabino-snap.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-aa6c.html
 
 
 
 
Img_0013
 
Img_0019
 
この春、小さく可愛い花を咲かせていたアケビが、6月16日には、もうすっかり大きな実になっていました。
 
風で揺られて枝と擦れて、傷のついた実もありましたが、もう長さ12~13cm程の長さに成長した、優しい黄緑色の実が二個、三個と生っていました。
 
9月中旬以降には、薄い紫色に色付いてくることでしょう!
 
 
 
 
Img_0014
 
話は突然に変ってしまいますが、そんな散歩を終えて自宅に戻ってきたら、郵便受けに宅急便の不在連絡票が挟んでありました。
 
早速、電話をして届けてもらったのが、このサクランボ!  山形の知人が今年も送ってくれた山形の味です。   新鮮で、爽やかな味に、、、舌鼓を打ちました!
 
 
 

«水木しげるロード

« 2018年7月 »

1
2
Img_0001
3
4
Img_0029
5
6
Img_0004
7
8
Img_0029
9
10
Img_0003
11
12
Img_0027
13
14
Img_0046
15
16
Img_0085
17
18
Img_0089
19
20
Img_0098
21
22
Img_0116
23
24
Img_0122
25
26
Img_0143
27
28
Img_0155
29
30
Img_0014
31