« 金毘羅さんの街 | トップページ | 長濱大橋の可動橋 »

2018年6月 2日 (土)

大洲市のマンホール・カード

Photo

 
高松市内の我が家から高松道、松山道と高速道路を乗り継いで195Km、二時間程で目指す「大洲まちの駅・あさもや」へ到着です。
 
早速、私達は観光案内所へ入り、写真のマンホール・カードをいただきました。
 
大洲市では、毎年6月から、市内を流れる清流・肱川で「大洲のうかい」を行っているのですが、その様子がマンホールに描かれています。
 
 
 
 
Photo_2
 
肱川(ヒジカワ)の流れに大きく描かれているのが、大洲市の花に指定されているツツジの花です。
 
大洲盆地の中央に聳えている標高319.6mという「富士山公園」は、春になると3万本のツツジの花でおおわれます。  
 
尚、この公園の名は、漢字で「富士山公園」と書いて、何と「トミスヤマコウエン」と独特の読み方になっています。
 
 
 
 
Photo_3
 
Photo_4
 
実際に、大洲市内に設置されているマンホール蓋がこれらですが、カラーのマンホール蓋は大洲駅前まで行かないと見ることが出来ません。
 
 
 
 
Img_00004_2
 
Img_00005
 
私達は「大洲まちの駅・あさもや」に車を置いたまま、明治の面影が色濃く残されている「おはなはん通り」を少しブラブラ!
 
時刻は、まだ11時半ですが、どこかで昼食をいただこう…ということになりました。
 
 
 
 
Img_0001
 
Img_0002
 
「おはなはん通り」を歩き始めてすぐの所に、「郷土料理・旬」というお店を見つけて、私達は店の中へ入りました。
 
落ち着いた純和風の建物を料理屋さんとして使っているようです。
 
 
 
 
Img_0003
 
窓際には季節の花が活けられ、中庭にはツツジの花が咲き始め、椿の花が咲き残っている様子をノンビリ眺めていると、お願いした料理が運ばれてきました。
 
 
 
 
Img_0005
 
私が注文したのが「牛肉のさつま汁」(上)、妻が頼んだのが「旬彩弁当」というお料理で、それぞれに地元の食材をうまく料理に取り入れてありました。
 
少し早めの昼食でしたが、二人共にペロリ! 完食でした。
 
 
 
 
 
 

« 金毘羅さんの街 | トップページ | 長濱大橋の可動橋 »

コメント

「大洲の鵜飼い」は知りませんでした
マンホールカードの人気上昇で地方の情報が広まるのもいいですね!

→ 鉄腕マトムさん

大洲の鵜飼へは、数年前に出掛け、小さな輪船に乗って、体験してきました。

あちこちで特色のあるマンホール・デザインが増えて楽しいことです。

由緒ある街らしいたたずまいですね!
お弁当も、品があります^.^/

→ キハ58さん

大洲は、昔の面影の残る街並があちこちで見られます。  お店はかなり雰囲気の良い落ち着いたお店でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/66729445

この記事へのトラックバック一覧です: 大洲市のマンホール・カード:

« 金毘羅さんの街 | トップページ | 長濱大橋の可動橋 »

2018年6月

         
1
2
Img_0003
3
4
Img_0012
5
6
Img_00013
7
8
Img_0002
9
10
Img_0022
11
12
Img_0044
13
14
Img_0080
15
16
Img_0054
17
18
Img_0973
19
20
Img_0117
21
22
Photo_6
23
24
Img_0006
25
26
27
28
29
30