« 庄の宮八幡宮神社 | トップページ | 福岡へ! »

2018年5月 7日 (月)

桃の産地・綾川町

Img_0001

 
4月4日(水)、私達は桃の産地で有名な綾川町を目指し、国道32号線・琴平街道を南に向かって車を走らせました
 
高松市内の円座辺りまで進むと、右手遠くに「讃岐七富士」の一つに数えられる「御厩富士(ミウマヤフジ)」が見えてきました。 
 
標高317m、六ツ目山(六女山)のことを、地元の人々は自慢気に「御厩富士」と呼んでいます。 
 
 
 
 
Img_0002
 
国道32号線・琴平街道を30分程南進し、高松琴平電鉄・栗熊の駅を過ぎ、1km程進んでから、車は左折します。
 
通称・琴電の踏切を越え、小さな溜池近くまで車を進めると、もう左手正面一帯には白い梨の花や、ピンクの桃の花がパーッと広がっていました。
 
桃の花の遠くには、「羽床富士」の頭だけが見えています。
 
 
 
 
Img_0003
 
緩やかな丘陵地帯は、一面に白い梨の花が咲き、ピンクの桃の花が咲いています。
 
去年も、この場所に立って花を眺めました。
その時と全く同じ 「春の眺め」 です。
 
 
 
 
Img_0004
 
Img_0005
 
Img_0006
 
白く、モコモコに咲いているのは梨の花。
 
可愛い葉芽も一緒に伸び始めていました。
 
 
 
 
Img_0013
 
Img_0019
 
Img_0015
 
一方、ピンクの花を咲かせているのは桃の花。
 
梅や桜の花より、少し大きな花で、花芯に近くなると真っ赤な色をしています。
 
 
 
 
Img_0017
 
Img_0021
桃の畑が薄いピンクに染まり、吹いてくる風まで春を感じさせる綾川町の春の光景です。
 
 
 
 
Img_0023
 
畦道の後ろを振り向くと、そこはネギ畑。
 
もう、あちこちにはネギ坊主ができて、収穫を今か、今か、と待っています。
 
遠くには、丸亀市にある「讃岐富士」(飯野山、422m)が小さく見えました。  
因みに、その標高422mから、飯野山では4月22日を「讃岐富士の開山日」に選び、毎年イベントを催して楽しんでいます。
 
 
 
 
 
 

« 庄の宮八幡宮神社 | トップページ | 福岡へ! »

コメント

四国で桃
知りませんでした
桃といえば山梨県か福島県のイメージでした
梨畑に囲いがないのにはオドロキです。

去年今年と同じ花風景を きっと来年も見られますように。。

→ 鉄腕マトムさん

桃の季節になると、綾川町にはJA桃出荷所で、直売が行われて、賑わうんですよ!

→ 遠音さん

毎年同じ光景を眺められる…って、本当は幸せなことなんですよネ!

いつもの光景に会いに行く・・・会いたい風景があるって、そして行けるのって素晴らしいですよね。
桃色の園、春いっぱいです!

→ キハ58さん

春になると出掛けたくなる、嬉しい光景を、今年も楽しんできいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/66645106

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の産地・綾川町:

« 庄の宮八幡宮神社 | トップページ | 福岡へ! »

2018年12月

           
1
2
Img_0009
3
4
Img_0001
5
6
Img_0017
7
8
Img_0018
9
10
Photo_2
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31