2018年3月30日 (金)

ミニ胡蝶蘭が咲いた!

Img_0010

 
Img_0011
 
一辺が8cm程の、縦に細長い、四角い鉢植えで、育てていたミニ・胡蝶蘭に、花芽が付いて、少しづつ蕾となって膨らんできたのは、2月の始め頃でした。
 
そのミニ・胡蝶蘭に、やっと一輪だけ花を咲かせたのは2月18日です。
 
花弁には、まるで紅い血管のような模様がつき、真っ赤な花唇が可愛く咲きました。
 
 
 
 
Img_0012
 
何と、最初の開花から四日後の2月22日、二輪目の花を咲かせてくれました。
 
他の蕾は、まだまだ堅いようですが、二輪の花が左右に並ぶと心がワクワクしてきます。
 
 
 
 
Img_0015
 
Img_0016
 
2月27日、待っていた三輪目の開花です。
 
こんなに小さな鉢植えの中で、四年も五年も葉っぱだけが元気だったミニ・胡蝶蘭とは、とても思えない快挙です。
 
 
 
 
Img_0017
 
Img_0018
 
何と、3月4日になって、四輪目の花が咲きました。  お見事!  満開で~す。
 
私達がまだ東京に住んでいた頃、江東区にある大規模なホームセンターの一角にある花屋さんで購入し、見事な花を楽しんだミニ・胡蝶蘭です。
 
 
 
 
Img_0020
 
Img_0019
 
でも、花が終わった翌年からは、単に緑の濃い観葉植物として育ててきた胡蝶蘭でしたが、忘れたころになって、こんなに見事な花が咲くなんて、、、驚きです。
 
そして、最初に一輪目が咲いてから40日以上経つ3月28日になっても、まだ写真のように四輪の花が見事に咲き揃っています。
 
 
 
 
Img_0021
 
この花が終わったら、タップリ液肥をやって、数年は株を休ませるつもりで可愛がってやりたいと思っています。
 
思いがけないミニ胡蝶蘭の開花に元気づけられた、この一ケ月余りでした。
 
花屋さんで売っているような豪華な枝ぶりには程遠いものですが、一生懸命、水遣りの恩返しをしてくれたような開花です。
 
 
 
 
 
 

«矢掛町のマンホール蓋

« 2018年3月 »

       
1
2
Img_0001
3
4
Img_0020
5
6
02
7
8
Photo_9
9
10
Img_0023
11
12
Img_0029
13
14
Img_0037
15
16
Img_0024_2
17
18
Img_0069
19
20
Img_0001
21
22
Img_0029
23
24
Img_0002
25
26
02
27
28
Photo_7
29
30
Img_0010
31