« 絵てがみ | トップページ | 蒜山高原の朝 »

2017年8月10日 (木)

蒜山高原のヒマワリ

Img_0001

 
Img_0007
 
岡山県真庭市に広がる蒜山(ヒルゼン)高原のヒマワリが見頃を迎えている…というテレビニュースを目にして、、、すぐ翌朝、私達は蒜山を訪ねることにしました。
 
高松の我が家から、目指す蒜山高原までの走行距離は168Km。  
 
1時間50分程の早朝ドライブで、車は高松道から瀬戸大橋を渡り、岡山道、中国道、米子道を走り抜けました。
 
 
 
 
Img_0002
 
目指す蒜山高原にある「ひるぜんジャージーランド」は、地元の蒜山酪農農業協同組合が運営している施設。
 
朝6時に高松を出発した私達の車は、午前8時前には目的地へ到着。
 
駐車場の一段上にある展望レストランの左後ろに、黄色いヒマワリの花が…見えました!
 
※ ひるぜんジャージーランド HP  http://www.hiruraku.com/
 
 
 
 
Img_0003
 
Img_0007_2
 
見えました~!  一面に黄色く咲く、  ヒマワリ、  向日葵、  ひまわり!
 
蒜山高原の緩やかな南斜面に約10万本。  
 
沢山の黄色いヒマワリが、まるで笑っているように、私達を迎えてくれました。
 
 
 
 
Img_0006
 
Img_0008_2
 
やっぱりヒマワリは夏の花の代表選手ですが、この日の気温は早朝なので、まだ22度。
 
高原の朝は爽やかで、頬を撫でる風が心地よい気分にさせてくれます。
 
高松では早朝でも26~27度の気温ですから4~5度は涼しいかなあ…。
 
 
 
 
Img_0010
 
ヒマワリ畑の中央部分に細い遊歩道が設けてあって、その真ん中の道を進むと、右も左も黄色いヒマワリに取り囲まれました。
 
 
 
 
Img_0011
 
黄色いヒマワリの花の向こうに、遠く見えている緑の峰が 上蒜山(1,202m)です。
 
 
 
 
Img_0012
 
目を少し右手に移すと、真っ白な雲から顔を出し始めたのが中蒜山(1.123m)です。
 
生憎の雲のために、その姿を見ることは出来ませんでしたが、更にその右手に下蒜山(1,100m)があり、それ等の三つの峰を「蒜山三座」と呼んでいます。
 
 
 
 
Img_0014
 
一面に広がる、黄色いヒマワリから振り返るように眺めた「ひるぜんジャージランド」の展望レストランです。
 
蒜山高原の朝。  
 
私達は気持ち良い爽やかな空気の中、胸いっぱい深呼吸してきました。
 
 
 
 
 
 

« 絵てがみ | トップページ | 蒜山高原の朝 »

コメント

こんばんは~
蒜山高原のヒマワリ
見事な風景ですね。
ロケーションもよく素晴らしいです。

→ 彩さん

爽やかな高原の朝の風が懐かしいです。 涼しい高原の中で、楽しい散歩ができました。

10万本とはすごい! 
これだけのひまわりは圧巻ですね。
こんな花たちを見ていると元気をもらえますね。
早朝の高原の空気もメッチャ気持ちよさそう~~

→ スーちゃん

朝の空気は涼しくて、とっても気持ちが良くて、そのまま自宅に持ち帰りたい…そんな気分でした。

ひまわり=炎天下のイメージですが、
蒜山高原のひまわりは、爽やかな空気の中で観賞でき爽快ですね~
行かれたのはいつですか?
来年は是非訪れたいです~

→ うさはるさん

蒜山高原へ出掛けたのは8月2日でした。  午前中早い時間は涼しくて最高でした。  ヒマワリは咲きかけの時期で、中旬までは花が楽しめそうです。  そちらからなら十分日帰りが可能ですが、休暇村辺りでゆっくりされるのも良いかもしれません。

これは圧巻ですね!!
黄色い「海」がひまわり!!
さて、この後美味しいものを堪能されたのでしょうか?

→ 鉄腕マトムさん

この後、奥大山、安来市と移動し、安来駅前でウナギを食べてきました。

関東はここのところスッキリ晴れ渡りません。
気持ちいい ヒマワリ風景・・・眩しいですね!

→ キハ58さん

爽やかな朝の空気は、まるで北海道のようでしたヨ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65624425

この記事へのトラックバック一覧です: 蒜山高原のヒマワリ:

« 絵てがみ | トップページ | 蒜山高原の朝 »

2017年11月

     
1
2
Img_0064
3
4
Img_0167
5
6
Img_0175
7
8
Img_0002
9
10
Img_0001
11
12
14
13
14
Img_00013
15
16
Img_0002
17
18
Img_0012
19
20
Img_0033
21
22
Img_0061
23
24
25
26
27
28
29
30