2017年8月30日 (水)

徳島~和歌山 南海フェリー航路

Img_0011

Img_0015
 
私達が徳島港から乗船し、紀淡海峡を横切り、和歌山まで車と人を運んでくれる「南海フェリー・かつらぎ」です。
 
この「フェリー・かつらぎ」は、総トン数 2、620トン、全長108m、全幅17.5mという大きなフェリーで、 徳島港~和歌山港 の航路を 2時間5分で結んでいます。
 
 
 
 
Img_0017
 
フェリーは徳島港を出港しました、遠くに眉山が見えています。
 
これで、私達はしばらくは四国とお別れです。
 
 
 
 
Img_0018
 
出港して間もなく、左手に 東京~徳島~北九州 を結ぶ、「オーシャン東九フェリー」の「びざん」が見えました。  徳島新フェリーターミナルが、あそこにあります。
 
あの大きな白いフェリーに乗れば東京、北九州まで運んでくれるんですね~。
フェリーの旅も、なかなか楽しそうです。
 
 
 
 
Img_0020
 
徳島港を出港したフェリーは、すぐに紀淡海峡に差し掛かりました。
 
進行方向の左手遠くに、常に薄く見えている島影が「淡路島」です。
 
 
 
 
Img_0021
 
徳島港を出港して約1時間、徳島~和歌山の中間点です。
 
左手に沼島が見えてきたところで、同じく午前11時に和歌山を出港した南海フェリーの「つるぎ」と交差しました。
 
 
 
 
Img_0022
 
和歌山港へ到着する20分程前になると、左手遠くに「友が島」(沖ノ島、虎島、地島」)と紀州加太とが見えてきました。
 
さあ、いよいよ私達の目指す和歌山港です。
 
 
 
 
Img_0023
 
私達の乗船した南海フェリーが入港する和歌山港が間もなくです。
 
左手遠くに「紀ノ川・河口大橋」が見えてきました。
 
徳島から車で走ると、淡路島から神戸へ入り、阪神高速から阪和道をグルリと回ってくることになり、大変な距離で、とても2時間5分で走れる距離ではありません。
 
よくよく考えてみると、とっても便利な航路でした。
 
 
 
 
 
 

«徳島・南海フェリーターミナル

« 2017年8月 »

   
1
2
Img_0009
3
4
Img_0028
5
6
Photo
7
8
70507
9
10
Img_0006
11
12
Img_0005
13
14
Img_0035
15
16
Img_00462
17
18
Img_0053
19
20
Img_0066
21
22
Img_0096
23
24
Img_0104
25
26
Img_0112
27
28
Img_0001
29
30
Img_0011
31