« マンホール・カード 八幡浜市 | トップページ | 八栗寺の菩提樹 »

2017年7月15日 (土)

マンホール・カード 松山市

Photo

宇和島市、八幡浜市と愛媛県内をグルリ回ってきた私達は、その日最後に松山市内を目指し、その中心部・一番町にある「坂の上の雲ミュージアム」に立ち寄って、松山市のマンホール・カードを戴いてきました。
 
法興6年(596年)、道後に来浴した聖徳太子は、椿が生い茂る温泉郷の壮観な様子を眺めて感動された…と伝えられています。 そんな故事から「松山市の木」に選ばれた「ヤブツバキ」が鮮やかにマンホールに描かれています。
 
 
 
 
Photo_2
 
中央部分に白と赤のヤブツバキの花が描かれているのは、すぐに分かりましたが、花の周囲に描かれている井桁文様が、伊予絣を表していることには気付きませんでした。
 
そういえば、松山市内に「伊予絣会館」という観光施設があったことを思い出します。
 
 
 
 
Photo_3
 
Photo_4
 
松山市の中心部で、マンホール・カードと全く同じ色合いのマンホール蓋の他に、少し色合いの異なるカラー・マンホール蓋も見つけました。
 
どうも、この色合いの違いは、「雨水」と「汚水」の区別ではなさそうです。
 
 
 
 
Photo_5
 
ただ、松山市内のあちこちで見かけるのは、こうした鋳鉄製のマンホール蓋が一番多く見かけられます。
 
但し、「みんなでつくろう 住みよい松山」という標語を刻んだ、このマンホール蓋は、希少のようです。
 
各市町村の下水道課も、それぞれ創意工夫を凝らしているんですネ~!
 
 
 
 
 
 

« マンホール・カード 八幡浜市 | トップページ | 八栗寺の菩提樹 »

コメント

松山市と椿の関連は知りませんでした
また「伊予絣」のことも・・
色々知らないことだらけです
椿のカラーマンホール蓋は何かほっとするのは私だけでしょうか・・

→ 鉄腕マトムさん

松山市の東部にある「道後」は万葉集で「ニギタヅ」と呼ばれた古い温泉で、「松山」より有名だったようです。 「ユノクニ」ガ「イヨノクニ」に変わったとも言われているようです。

シンプルなんですね!
でも、色付きがあると素敵です。
坂の上ミュージアム、建物前まで行きました^.^;;

→ キハ58さん

次回は、是非「坂の上ミュージアム」を観覧ください。

子規や真之などの資料が沢山展示されていて楽しいです。

秋の旅を道後にしようかと迷いました。
今度いつか 道後温泉へ・・

→ 遠音さん

道後温泉も良い温泉ですが、是非、讃岐の国へもお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65523784

この記事へのトラックバック一覧です: マンホール・カード 松山市:

« マンホール・カード 八幡浜市 | トップページ | 八栗寺の菩提樹 »

2017年11月

     
1
2
Img_0064
3
4
Img_0167
5
6
Img_0175
7
8
Img_0002
9
10
Img_0001
11
12
14
13
14
Img_00013
15
16
Img_0002
17
18
Img_0012
19
20
Img_0033
21
22
Img_0061
23
24
25
26
27
28
29
30