« 一天、俄かに、かき曇り! | トップページ | 栗林公園の睡蓮 »

2017年7月27日 (木)

栗林公園の蓮

Img_0001

栗林公園を訪れる観光客の、ほとんどは「東門」と呼ばれる栗林公園の東側にある正門から入園されるのですが、今回、私は公園の北部にある「芙蓉沼」が目的地であるため栗林公園の「北門」へ向かいました。
 
この「北門」は藩政時代には「正門」として使われていただけあって立派な石を左右に設けてあり、高松藩主もこの門から入園されたようです。
 
 
 
 
Img_0002
 
この門から入ると、左右に竹林が広がっていたことから、中国の竹林の名所「かいのくち」という地名に因んで「嶰ノ口」と命名されました。
 
「山」に「解」を足して「嶰」という漢字があり、「カイ」と読むことを、初めて知りました。 
 
 
 
 
Img_0017
 
Img_0022
 
右手に「紫雲山(シウンザン)」の緑を背負った「芙蓉沼」一面が蓮に覆われていました。
 
蓮は、泥水の中から茎を伸ばし、清らかな花を咲かせることから、仏教では「智慧や慈悲の心」を象徴する花とされてきたことが納得できます。
 
 
 
 
Img_0009
 
花が咲き終え、花弁が落ちると、まるで蜂の巣のような「花托」を残すことから、蜂の巣→ハチス→ハス と変わり ハスと呼ばれるようになった…という通説があります。
 
 
 
 
Img_0004
 
私がカメラを構えていると、トンボが目の前まで飛んできて、「私を撮って!」とばかりカメラの前を飛んで、すぐ目の前の蓮の蕾の上に止まりました。
 
身体が灰色のシオカラ・トンボです。
 
 
 
 
Img_0005
 
ピンクだけでなく白い蓮の花も、あちこちに咲いています。
 
エジプトの神話の登場するオシリスに捧げる花が「蓮」であったことと、オシリスという神様が「雄弁」であったことから、「蓮の花言葉」は「雄弁」とされました。
 
 
 
 
Img_0007    
 
Img_0025
 
極楽浄土に往生し、同じ蓮の花の上に身を託し、生まれ変わる…という思いから「一蓮托生」という言葉が誕生したようですが、実際には 悪人が、結果はどうであれ、行動や運命を共にする場合に、「俺とお前は一蓮托生」などと使っています、でも、それでは「往生」が出来ないのではないか…と考えてしまいます。
 
蓮の花が一面に広がるのは「芙蓉沼」、対岸に見えている東屋が「香風亭」です。
 
7月9日の高松市は、午前9時で気温29度、日中は猛暑日になりました。
 
 
 
※  昨・26日、妻・美佐子が高松日赤病院から元気になって退院してきました。  まだお腹に力を入れると、少し痛いようですが、摘出した病理検査の結果も良く、一安心です。
何かとご心配をいただき、有難うございました。 
 
 
 
 
 
 

« 一天、俄かに、かき曇り! | トップページ | 栗林公園の睡蓮 »

コメント

「嶰」という字
私もおそらく初めてみたと思います、読めませんでした
「蓮」の名前の由来も初めて知りましたし、花托も私にはシャワーの先っちょくらいにしか見えていませんでした。

「嶰」という漢字は難しいですネ! 生まれて初めて見た気がします。

「シャワーの口」は納得ですが、「蜂の巣」なんですね~! 
昔はシャワーが無かったので、その発想がなかったのだと思います。

退院おめでとうございます。 病理検査も結果が良くて
本当に良かったですね!
これから 副作用の少ない抗がん剤であることを
祈ります。 暑さ乗り切って下さいネheart04

→ 遠音さん

これからは、永いガンとの闘いになります。 腰を据えてジックリと闘うことにしましょう。 声援を有難うございます。

立派な石門です!
ハスの花にとまったトンボ、ナイスタイミングですね。
心落ち着くハス風景をありがとうございました^.^/

ハス、丁度見頃できれいですね。
栗林公園には蓮池もあったのですね。

奥さまの退院おめでとうございます。

→ キハ58さん

なかなか芙蓉沼は広く、蓮の花も多くて、写真を撮るのには、汗をかきました。

→ スーちゃん

案外広い蓮沼があるんですよ~!  四季が楽しめます。

ご心配を有難うございました。

奥様無事に退院されたのですね、よかったわ。
24日から埼玉より知人が来ましたので、3日連日外出してました。
手術の事、昨夜知りました。 17日手術してもう、退院ですか・・・
早くに退院できるのですね。
これからが、治療も始まり何かと辛い時期もあるかと思いますが、優しくお気遣いしてあげてください。
私の姉も色々なガンになりましたが、現在も一応元気にしてあります。 後のケアーで病院通いは欠かさずに行きまして、検診はしておりました。  
この暑さの毎日、健康な者でもしんどいのですから、奥様もどうぞご自愛ください。

立派な庭園を堪能しようと、栗林公園を訪れたのが、
運よく蓮が満開の時期で、とっても嬉しかったのを思い出しました。
その節はお世話になりました。
北門の読み方、解説なしではわかりませんね。

奥様の退院、おめでとうございます。
術後の結果も良く、一安心ですが暑さの折無理をなさらないで、
養生して下さい。

→ さぬきふじさん

ご心配と、暖かいお見舞いを有難うございます!  
あとは、なるべく気長にやってゆくつもりです。

→ うさはるさん

栗林公園は、四季折々の花が楽しめるように工夫されてるようです。

蓮の花が咲く時期は、暑いのが欠点かもしれませんネ!

温かいお見舞いの声を有難うございます。

奥様の退院 おめでとうございます。
一安心ですね。
暑い日々 ですが ごゆっくりお過ごしください。

→ keiko さん

やっと「独身」から解放されました。 連れ合いが居ない毎日は、どこか物足りないものでした。  これで先ずは一安心です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65575947

この記事へのトラックバック一覧です: 栗林公園の蓮:

« 一天、俄かに、かき曇り! | トップページ | 栗林公園の睡蓮 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
Img_0095
24
25
26
27
28
29
30
31