2017年7月31日 (月)

琴電・六万寺駅

Img_0006  
 
Img_007
 
通称、「琴電(コトデン)」と呼ばれ、高松市民に親しまれている高松琴平電鉄の電車に乗り
ました。 この「高松琴平電鉄」の歴史は古く、4年前の平成23年で開業100年を迎えた地方鉄道の中では古参企業です。
 
100周年を迎えるに当たって「高松にコトデンはイルカ?」という大疑問キャンペーンを行いました。 そして、その「いるか?」に因んで創られたユルキャラが「イルカのコトチャン」だったのです。
 
 
 
 
Img_0004
 
「瓦町」というターミナル駅で、路線図・赤いラインで示された「志度線」に乗り換え、志度方面へ向かうと、9駅目に「六万寺」という変わった名前の駅があります。
 
この近くにお寺が六万も…ある?
 
 
 
 
Img_0005_2
 
志度線の「六万寺駅」に降り立つと、つい先程、通り過ぎてきた「屋島」の峰が遠く見えました。 
 
琴電・志度線は単線で、このたった一本の線路を「上り線」も、「下り線」も走ります。
 
 
 
 
Img_0003
 
Img_0002
 
駅には線路に沿って長いホームがありますが、どこにも駅舎はありません。
 
ホームの中程に、まるで昔の公衆電話機のような「券売機」が二台あるだけで、勿論のこと駅員などは居ない無人駅。
 
徹底的に無駄を省き、赤字幅が大きくならないよう、懸命の企業努力が続いています。
 
 
 
 
Img_0001
 
少し戻るようにプラット・ホームを歩くと、改札もなく、そのまま道路に出られます。
 
写真で云えば、右側が琴電のホームで、左側が普通の道路です。
 
さあ、「六万寺」という、変わった駅名の由来となった、「六萬寺」を目指しましょう!
 
 
 
 
 
 

«栗林公園の睡蓮

« 2017年7月 »

           
1
Img_0005
2
3
Img_0053
4
5
Img_0068
6
7
Img_0088
8
9
5
10
11
Img_0002
12
13
Photo_4
14
15
Photo_4
16
17
Img_0001
18
19
Img_0028
20
21
Img_0024
22
23
Photo_2
24
25
Img_0001
26
27
Img_0001
28
29
Img_0033
30
31
Img_0005_2