« 男山ケーブルカー | トップページ | 石清水八幡宮・あれこれ »

2017年6月23日 (金)

石清水八幡宮

Img_0085_2

私達は、念願であった「石清水八幡宮」の参拝をしてきました。
 
男山全体を表す鳥瞰図で案内すると、右上に書かれた「男山ケーブル駅」からケーブル・カーに乗車し、中央上の「男山ケーブル山上駅」まで上がりました。
 
石清水八幡宮の西側(案内図では上)の参道を左に向かって歩いて、一旦「エジソン記念碑」まで進み、そこから少し引き返すように神社正面の参道に出ました。
 
 
 
 
Img_0086
 
参道に出ると、左手に「石清水八幡宮」の南総門が見えました。
 
朱赤に塗られた唐破風が見事です。
 
 
 
 
Img_0087
 
Img_0088
 
驚いたことに、石清水八幡宮では、この南総門の他、本殿や幣殿など10棟の建物が国宝に指定されています。
 
どれも古くからの永い歴史を重ねた貴重な建物ばかりです。
 
 
 
 
Img_0089
 
Img_0090
 
南総門を潜ると、正面に神宮皇后や応神天皇、比芽咩大神をお祀りする、国宝・御本殿が見えてきます。
 
 
 
 
Img_0106
 
Img_0091
 
こちらからの写真が、御本殿を正面から撮った写真なのですが、南総門から本殿へ続く石畳は、どうも正面から続いていないのです。
 
御本殿は南総門の方を向かず、多少向きが西南方向にズレています。
 
石清水八幡宮は、創建以来、都の裏鬼門(西南の方向)を守る「王城鎮護の神」とされてきました。 そんなことから、ご本殿は南ではなく、西南を向くように建てられているのかもしれません。
 
 
 
 
Img_0092
 
Img_0093
 
ご本殿の唐破風の屋根を支える朱赤の梁には、一対の向かい合う鳩の錺金具(カザリカナグ)が施されています。  鳩は神様のお使いとして古より大切にされてきました。
 
石清水八幡宮の山麓を走る京阪特急の鳩のマークは、この鳩をモチーフにしたものです。
 
武運長久の神様として、清和源氏を始め、織田信長、豊臣秀吉、徳川家光など歴代の武家政権から尊崇を受けてきた石清水八幡宮です。
 
 
 
 
 
 

« 男山ケーブルカー | トップページ | 石清水八幡宮・あれこれ »

コメント

石清水八幡宮
知りませんでした・・
それにしても変わった外観の本殿なのですね
石畳の謎、気になります。

→ 鉄腕マトムさん

昔から名前のある武将達が勝戦(カチイクサ)を祈願して「南無八幡!」と祈ったのは、ここ「石清水八幡」の神様だったようです。

荘厳さと煌びやかさが共存していますね!
国宝の指定、納得です^.^/
しかし、石畳 不思議です。

→ キハ58さん

なぜ、本宮の正面が少し斜めを向いているのか、どこにも記載がなく、本当の理由は判明しないままです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65442515

この記事へのトラックバック一覧です: 石清水八幡宮:

« 男山ケーブルカー | トップページ | 石清水八幡宮・あれこれ »

2017年8月

   
1
2
Img_0009
3
4
Img_0028
5
6
Photo
7
8
70507
9
10
Img_0006
11
12
Img_0005
13
14
Img_0035
15
16
Img_00462
17
18
Img_0053
19
20
Img_0066
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31