« 石清水八幡宮 | トップページ | 公渕森林公園 »

2017年6月25日 (日)

石清水八幡宮・あれこれ

Img_0103

Img_0097
 
石清水八幡宮の御本殿二棟は、現存する建物の中で最古、そして最大の八幡造の建物です。 幣殿、舞殿などが廻廊で結ばれている光景は、煌びやかなものです。
 
現存するこれらの社殿は、天正8年(1580年)織田信長が社殿を修復、天正17年(1589年)豊臣秀吉の廻廊修復、慶長11年(1606年)徳川家光による社殿造営、と続いてきたものです。 
 
 
 
 
Img_0094
 
私達も、御本殿でお参りを済ませた後、建物右側へ回ると御祈祷などを受ける際に昇る、御本殿昇殿口が見えました。  
 
 
 
 
Img_0095_2
 
檜皮葺の落ち着いた佇まいの建物が重要文化財の「若宮社」です。
 
こちらには、男性の守護神とされる第16代・仁徳天皇をお祀りしてあり、御祈祷終了後に「清め衣」に氏名、数え歳、願い事を記入して納めると、毎月19日に祈願祭を斎行して焼納されます。
 
尚、女性の場合は、女性の守護神である応神天皇の皇女がお祀りされている、すぐ右隣の「若宮殿社」で、同様の「清め衣」の願い事が奉納されています。
 
 
 
 
Img_0098
 
「若宮社」の左側奥には、「一童社」、「住吉社」と小さな祠が並び、その先には古代から優れた倉庫の役割を果たしてきた「校倉(アゼクラ)」がありました。
 
空気が湿ると木が膨張して隙間が無くなって湿気の侵入を防ぎ、空気が乾燥すると木が縮んで隙間ができ、庫内の空気が入れ替わる…という優れた構造を持つ校倉造りです。
 
 
 
 
Img_0099
 
石清水八幡宮の周囲を大きく囲んでいる塀が「信長塀」です。
 
織田信長公が寄進した塀で、瓦と土とを幾重にも重ねることにより、銃撃に耐え、耐火性に優れた塀だと言われています。
 
寄進が天正8年(1580年)だとすると、もう437年もの年月を経たことになります。
 
 
 
 
Img_0102
 
Img_0101
 
この信長塀の外側に大きく幹を伸ばしている御神木の「楠」は、楠木正成公が建武元年(1334年)に寄進された楠と伝えられています。
 
指折り数えてみると、寄進されてから683年が経過していますので、樹齢700年は妥当な年数だと考えられます。
 
 
 
 
Img_0107
 
この八幡市近郊には、多くの名水があり、伏見を始め多くの銘酒の里があります。
 
ずらりと並んでいる寄進された酒樽は、外国人観光客にも評判の光景だそうです。
 
お酒を飲まない私でも、知った名前がズラリと並んでいました。
 
 
 
 
Img_0114
 
石清水八幡宮の鎮座する男山から京都方面を眺めた写真です。
 
すぐ近くには天下分け目の「天王山」もあり、歴史に度々登場する地域です。
 
 
 
 
 
 

« 石清水八幡宮 | トップページ | 公渕森林公園 »

コメント

男女別に「願い事」なんて珍しいのでは?
はて、楠・・寄進された頃はどのような姿だったのでしょう。

→ 鉄腕マトムさん

詳しいことを知らない私は「若宮社」だけの写真を撮ってきました。 

詳しく知っていれば「若宮殿社」の写真も撮ってきたのですが、、、。

おはようございます~
石清水八幡宮にも行かれたのですね。
瓦と土とを幾重にも重さねた信長塀
いい雰囲気で好きです。
銃撃に耐え、耐火性に優れた塀だったのですね。

→ 彩さん

せっかく葛城山まで出掛けたので、その帰路に「流れ橋」と「石清水八幡宮」に立ち寄ってきました。

その後、高松まで230Km程も走ることを考えると、、、そこまでが限度でした。

どうしていますか? 元気ですか?
一人ですか? 

ちゃんと食べて下さいネ。

強い気持ちで奥さまの力になってあげて下さいネ

→ 遠音さん

私は、元気にしてますよ~!

かやぶきから、校倉造まで・・・建造物としても素晴らしいですね!
ラスト1枚、青もみじがイイ感じです^.^/

→ キハ58さん

流石に国宝や重要文化財に指定された建物が多く、歴史を感じる素晴らしい境内でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65447385

この記事へのトラックバック一覧です: 石清水八幡宮・あれこれ:

« 石清水八幡宮 | トップページ | 公渕森林公園 »

2017年8月

   
1
2
Img_0009
3
4
Img_0028
5
6
Photo
7
8
70507
9
10
Img_0006
11
12
Img_0005
13
14
Img_0035
15
16
Img_00462
17
18
Img_0053
19
20
Img_0066
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31