« 津山まなびの鉄道館 | トップページ | 鉄道館の資料ルーム »

2017年5月10日 (水)

津山扇形機関車庫

Img_0072_2

 
私達はJR西日本・津山駅の南側構内に広がる「津山まなびの鉄道館」の主要施設である「扇形機関車庫」を訪ねました。
 
ご覧のように転車台を中心にして、扇形に広がる機関車庫には、勇名を馳せた機関車や気動車が13輌、ズラリと入庫されています。
 
 
 
 
Img_0050
 
Img_0048
 
「デゴイチ」の愛称で親しまれた「D51形蒸気機関車」を始め、力自慢の色々な形のディーゼル機関車が並んでいます。
 
 
 
 
Img_0049
 
少し変わった形をしているのは DD51形除雪用ディーゼル機関車です。
 
北陸の富山を車庫として、冬の北陸本線で活躍した除雪機関車でした。
 
 
 
 
Img_0051
 
Img_0052
 
キハ181形気動車は、非電化急勾配の路線へ投入された力の強い気動車で、山陰本線の「特急やくも」などを牽引して活躍しました。
 
その他、キハ52形、キハ28形、キハ58形、キハ33形と、ズラリと気動車が展示されています。
 
 
 
Img_0036
 
次々に全国で活躍した機関車、気動車が目の前に現れる「扇形機関車庫」は、鉄道ファンにとっては、とても嬉しい施設です。 
どうぞ機会を見つけて、是非一度はお訪ねください。 
 
 
 
 
 
 

« 津山まなびの鉄道館 | トップページ | 鉄道館の資料ルーム »

コメント

たかが13両
されど13両という感じです
SLに人気が集まるのは当然ですが、地味な車両にもそれぞれの思い出が湧くのでしょう。

→ 鉄腕マトムさん

これだけの車両が集まっている施設は、それ程多くないでしょうネ~!  

扇形機関車庫、かなり壮観でした。

懐かしいです~
息子達が小さい頃を思い出しました。
山陰線の駅で息子が、「電車が来た!」と叫ぶと、
駅員さんの、「僕達、あれは電車でなく汽車だよ」の言葉に、
不思議そうな顔をしていました。

→ うさはるさん

子供にとって汽車と電車は難しくて、区別がつかないでしょうね~!

私は、遠くまで行くのが汽車で、近くを走っているのが電車だと思ってました。

はい、行きます!
キハ58もありがとうございます^.^/
壮観ですね~!!

→ キハ58さん

京都や東京の鉄道博物館とは、とても比較になりませんが、なかなか味のある施設で、楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65246497

この記事へのトラックバック一覧です: 津山扇形機関車庫:

« 津山まなびの鉄道館 | トップページ | 鉄道館の資料ルーム »

2017年9月

         
1
Img_0031
2
3
Img_0038
4
5
Photo_3
6
7
Img_0059
8
9
Img_0065
10
11
Img_0094
12
13
Img_0083
14
15
Img_0001
16
17
Photo_4
18
19
Img_0027
20
21
Img_0032
22
23
Photo
24
25
26
27
28
29
30