« 徳島・中央公園 | トップページ | 徳島・眉山へ »

2017年4月 6日 (木)

徳島城の山城

Img_0014

Img_0015
 
天正13年(1585)、豊臣秀吉から四国平定の大功により、阿波一国を賜り、翌天正14年(1586)に渭津城を修築して徳島城とし、藩政の中心地と定めた初代藩主が、この蜂須賀家正公です。
 
徳島へ入国後は、藍、塩など、それまで阿波になかった産業を取り入れ、全国へ売り出しました。 また、有名な「阿波踊り」も徳島城の完成を祝うため、町人達の祝い踊りが起源だったと伝えられています。
 
 
 
 
Img_0017
 
Img_0018
 
かつて徳島城が築城されていた城山への登り坂に入ったところにも、数本のソメイヨシノがあり、その枝先には、チラホラ可愛い花が咲き始めていました。
 
おそらく来週の日曜(4月9日)頃であれば、もっともっと桜の花が楽しめたことでしょう。
 
 
 
 
Img_0019
 
城山へ登る石段の途中で見つけたのが淡い紫色したスミレの花。
 
石段と石段の間からでも、しっかり葉を繁らせ、根を張り、季節がやってくると、こうして花を咲かせるのですから、、、、雑草って逞しいものです。
 
 
 
 
Img_0026  
 
Img_0016  
 
私達は先ず、この山城に徳島城が建てられた当時、7間四方の三層天守台があったと云われる「東二の丸」に到着しました。 
 
一般的に天守は城郭の最上部に建てられていますが、この徳島城の場合は、「本丸」から一段下がった「東二の丸」に天守が設けられていたようです。
 
 
 
 
Img_0022
 
Img_0024
 
その「東二の丸」の端に「ホルトノキ」が伸びていました。
 
「ホルトノキ」の命名者は平賀源内。 その「ホルト」とはポルトガルを意味し、江戸時代に薬用に使われていた「ホルト油(オリーブオイル)」を産する「オリーブ」と間違って命名されたようです。
 
朱く染まった新らしく伸びた葉が見事です。
 
 
 
 
Img_0030
 
Img_0025
 
城山に咲く椿の花を眺めながら、もう一段石段を上がって、本丸跡まで登りました。
 
城山の最上段で、現在では、かなり広い広場になっていますが、昔はここに御座敷、御留守番所、弓櫓、東西馬具櫓、武具櫓、火縄櫓などが建ち並んでいました。
 
本丸跡からは、私達が、これから向かう眉山が遠くに見えています。
 
 
 
※   隔日の更新について …  
これまでの数年は、ブログの「毎日更新」を心掛けてまいりましたが、私を取り巻く諸事情により、「隔日更新」にさせていただきます。 どうぞご了解ください。
 
 
 
 
 
 

« 徳島・中央公園 | トップページ | 徳島・眉山へ »

コメント

城跡に佇み、かつての姿に思いを巡らせるのも楽しいですよね
おっと、まだ先の山まで行かれるのですか!

→ 鉄腕マトムさん

城山の先に見えているのは、徳島を代表する「眉山」です。  次はロープウエーなので楽ちんで登れます。

4月3日でちらほらの桜。
やはり四国はこちらより早いですね~
見頃の週末の天気が気掛かりです。

毎日の更新、当たり前のように拝読していましたが、
かなりのパワーが要りますよね。
書込みこそ少なかったですが、
今まで参考にさせて頂き、訪れた名所旧跡は数知れず・・・・
これからも、ファンでいさせてください~

→ うさはるさん

ブログの毎日更新は、何より、その素材が必要で、毎週のように、あちこちへ出掛けていましたが、やはり大変でした。

今の居場所からは、メールの返信がどなたへも届きません。
通信がエラーになってしまいます。
お相手からのメールはしっかり届きますのに・・

こちらへ・・と書き出しましたが 鍵コメが出来ないようになっているのですね。

私はいま 大分県におります。
出来れば鍵コメ欄を挿入していただけると嬉しいのですが。。


→ 六花さん

大変に恐縮ですが、コメントの非公開設定は、「ココログ」の場合、全てのコメントが、その対象になってしまい、いつもは無理みたいですが、今日の夜までその設定にしましょう。
 
大分県は父の故郷・杵築があり、懐かしい所です。  ついでに、四国へ足を延ばしませんか! 

こんばんは~
毎日更新にいつも感心していました。
写真も綺麗で文章の内容も詳しく
流石に以前のお仕事柄素晴らしいですね。
これからは「隔日更新」との事
今まで同様楽しみに拝見させていただきます。

徳島は4度ほど行ったのですが、市内を見歩いていません。
眉山以外にもいろいろあるんですね!

→ 彩さん

ブログへの負担は少なくなったのですが、、、。

人生はなかなか思うようにならないものです。

→ キハ58さん

徳島市内には、新町川水際公園や阿波十郎兵衛屋敷など興味深い見所があります。

ぜひ、ゆっくりとお訪ねください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65107612

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島城の山城:

« 徳島・中央公園 | トップページ | 徳島・眉山へ »

2017年11月

     
1
2
Img_0064
3
4
Img_0167
5
6
Img_0175
7
8
Img_0002
9
10
Img_0001
11
12
14
13
14
Img_00013
15
16
Img_0002
17
18
Img_0012
19
20
Img_0033
21
22
Img_0061
23
24
25
26
27
28
29
30