2017年4月30日 (日)

桜の花筏

Img_0004

 
Img_0025
 
4月16日の高松市内は暖かな「春の日」に恵まれました。
 
「もう、すっかり桜の花は終わってしまったでしょう…」などと話しながら、私達は天下の名園・栗林公園を訪ねました。
 
桜の並ぶ散策路にはピンクの花弁が一面に広がり、紫雲山の山麓を流れる水路には花弁がビッシリと浮かんで、まるで桜の花筏です。
 
 
 
 
Img_0001
 
Img_0003
 
桜並木には思っていた以上に花が残り、散策路には花弁が散って、「散る桜」の風情が楽しめます。
 
 
 
 
Img_0013
 
Img_0005
 
数ある桜の中には、まだ満開を迎えたばかりの遅咲き桜もあり、八重咲の牡丹桜も咲き始めていました。
 
 
 
 
Img_0006
 
Img_0019
 
一重の桜も、八重咲の桜も、どちらも可愛いものです。
 
 
 
 
Img_0015
 
Img_0022
 
でも、もう桜の季節はそろそろ終り、周辺の峰々は新緑に覆われ始めています。
 
モコモコと新緑が枝葉を伸ばし、山は緑のモザイク模様に覆われてきた栗林公園でした。
 
 
 
 
 
 

«満濃の池

« 2017年4月 »

           
1
Img_0034
2
Img_0044
3
Img_0620
4
Img_0001_2
5
6
Img_0014
7
8
Img_0032_2
9
10
Img_0046
11
12
Img_0056
13
14
Img_0067
15
16
Img_0011
17
18
Img_0001
19
20
Img_0173
21
22
Img_0009
23
24
Img_0022
25
26
Img_0005
27
28
Img_0018
29
30
Img_0001