« 古宇利大橋 | トップページ | よみうり大琉球まつり(1) »

2017年3月16日 (木)

沖縄・国際通りへ

Img_0311

 
Img_0315
 
Img_0312
 
無料で通行できる橋としては、日本で二番目に長い「古宇利大橋」を見学した私達は、その日の夕食会場のある那覇市内を目指しました。
その途中で休憩を兼ねて立ち寄ったのが名護の「パイナップル・パーク」。
 
沖縄には「紅いもタルト」があり、「ちんすこう」、「サーター・アンダギー」があり、今朝立ち寄った「黒糖菓子」、そしてパイナップルの入った「パインカステラ」と、甘いお土産には事欠きません。
 
 
 
 
Img_0313
 
Img_0314
 
Img_0318
 
車窓から眺めていると、桜のような花が咲いていたり、名も知らぬ実が枝から沢山ぶら下がっていたり、可愛いピンクの花が見えたり…と、飽きることがありません。
 
 
 
 
Img_0322
 
Img_0321
 
そうこうしている内に観光バスは那覇市内に入り、沖縄都市モノレールの牧志駅近くでバスを降り、沖縄一番の繁華街「国際通り」を歩いて、夕食会場へ向かいました。
 
 
 
 
Img_0004
 
Img_0324
 
国際通りを歩き始めて、すぐに見つけたのが那覇市のマンホール蓋と沖縄ガスのバルブ蓋です。  残念ながら、そのどちらも、あまり楽しいデザインではありませんでした。
 
 
 
 
Img_0325_2
 
Img_0326
 
国際通りをブラブラと歩いて、到着したお店はステーキの「SAM’S(サムズ)レストラン」。
 
お客様を目の前にして、ナイフとフォークなどで軽快な音を響かせながら、アクロバティックな調理を見せてくれるステーキ・レストランです。
 
記念に熱帯魚を描いた携帯ストラップをいただいてきました。
 
※ SAM’S レストラン  http://www.sams-okinawa.jp/ancaor_inn/kokusai_st.html
 
 
 
 
Img_0331
 
楽しい夕食を終わり、店と外へ出ると、もう国際通りは薄暗く宵闇が迫り、車のライトが眩しくネオンが目立つ時刻になっていました。
 
さあ、お腹も一杯になったところで、私達はその日最後のイベントへと向かいます。
 
 
 
 
 
 

« 古宇利大橋 | トップページ | よみうり大琉球まつり(1) »

コメント

パイナップル、ペンを刺してましたか~~?
木にぶら下がった実、何だったのでしょう・・
最後のイベントが気になります。

→ 鉄腕マトムさん

アハハ! パイナップルはありましたが、ペンがありませんでした。

食後のイベントは、とっても規模の大きなものでした。

沖縄の繁華街と言ったら、牧志、国際通りですね!
感じでてます。
それに名護、パイナップルの本場ですね^.^/

→ キハ58さん

その日も国際通りには、沢山の人が散歩したり、買い物や食事に出歩いていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65017631

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・国際通りへ:

« 古宇利大橋 | トップページ | よみうり大琉球まつり(1) »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30