« 万座毛へ | トップページ | 琉宮城 蝶々園 »

2017年3月11日 (土)

瀬底島、伊江島

Img_0157

 
Img_0160
 
国道449号線を走る観光バスの車窓から見えてきたのは瀬底島。 
 
国道脇には棕櫚が繁り、海岸近くには変わった岩が見え、その向こうに瀬底島が横たわって見えてきました。
 
 
 
Img_0162
 
Img_0166
 
バスの窓から沖縄本島と瀬底島とを結ぶ大きな橋が見えてきました。
 
「瀬底大橋」という名前だそうです。
 
 
 
 
Img_0167
 
Img_0170
 
動き続けている観光バスの中から、目指す目標物の写真を撮るのは、かなり難しく。
 
何度かシャッターを押して、やっと「瀬底大橋」の写真が撮れました。
 
 
 
 
Img_0171
 
Img_0173
 
海岸沿いには、波の力で、面白い形に削られた岩があちこちに、、、。
 
 
 
 
Img_0211
 
Img_0174
 
やがて、バスの車窓左手には、沖縄周辺の離島では珍しい、小さな尖がり山を持つ「伊江島」が見えてきました。
 
私が中学一年を迎えた鹿児島市の城西中学校に、「伊江」という名前の友人が居ました。
ご両親は沖縄出身で、その昔は王族であったと聞いたことがありますが、あの「伊江島」の出身だったのでしょうか?  
 
 
 
 
 
 

« 万座毛へ | トップページ | 琉宮城 蝶々園 »

コメント

沖縄に「橋」があるのは意外でした、
空港が離れ小島にあるのも以外~
バスの車窓からの眺め、普段ご自身で運転をされている「見え方」とは随分違うものでしょうね。

→ 鉄腕マトムさん 

この後、最近有名になった「古宇利大橋」まで行くことになります。 

沖縄でも、あちこちの小さな島と本島を繋ぐ橋が出来て便利になっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64995859

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬底島、伊江島:

« 万座毛へ | トップページ | 琉宮城 蝶々園 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31