« 那覇空港からの空路 | トップページ | うたづの町家とおひなさん(2) »

2017年3月27日 (月)

うたづの町家とおひなさん

Img_0001

Img_0005_2
 
3月3日の「雛祭り」を 、町を挙げての賑やかなイベントにしている地域が全国あちこちに見られるようですが、香川県内でも、さぬき市引田町と宇多津町とで 行われています。
 
どちらに行こうかと考えましたが、今年は高松市内から近い宇多津町を訪ねました。
私達二人は、JR四国の宇多津駅前に車を置いて、シャトル・バスに乗り換え、行事の行われている街中へ向います。
 
 
 
 
 
Img_0054
 
Img_0072_2    
 
Img_0075
 
ごく普通のお宅が、沢山このイベントに参加しているようで、お揃いの「うたづの町家とおひなさん」と書かれた 大きな布製のペナントを掲げて、訪ねた人達を迎えてくれます。
 
                 
 
 
Img_0004
 
Img_0025
 
Img_0022
 
家によっては、お雛様だけでなく、可愛い人形や着物など、可愛いものならみ~んな並べて、展示しています。
 
毎年、この行事のために、新しく雛人形を買い加えているのかもしれません。
 
 
 
 
Img_0002
 
Img_0003
 
真っ白な紙で制作された、等身大のお雛様は、宇多津商工会議所青年部と香川短期大学の先生とがコラボして制作した…という「現代紙雛」です。
 
「切る・折る・重ねる」を繰り返して、こんなに綺麗な「紙雛」が出来上がっていました。
 
 
 
 
Img_0009
 
Img_0010
 
Img_0019
 
「お内裏様とお雛様…」という、懐かしい童謡が聞こえてきそうな可愛い人形たちです。
春らしい心がワクワクしてくる、楽しいイベントでした。
 
 
 
 
 
 

« 那覇空港からの空路 | トップページ | うたづの町家とおひなさん(2) »

コメント

垂れ幕を頼りにフラフラ誘われますね!
埼玉県の飯能商店街でも雛人形の展示がされますが、なんと石屋さんには石のお内裏様が飾られています~

→ 鉄腕マトムさん

石のお雛様は、「石は石屋」の諺のどおりなんですね!

焼物のお人形なら、どこにでもあるのですが、石は珍しいです。

宇多津の印象が変わりました!
本州と連絡の地のイメージ強かったのですが。
素敵ですね^.^/

→ キハ58さん

宇多津町には、四国霊場78番札所・郷照寺があって、古くからの狭い路地が多いんですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/65061014

この記事へのトラックバック一覧です: うたづの町家とおひなさん:

« 那覇空港からの空路 | トップページ | うたづの町家とおひなさん(2) »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30