« 桜のマンホール蓋(1) | トップページ | 桜のマンホール蓋(3) »

2017年2月18日 (土)

桜のマンホール蓋(2)

Photo_7

桜のマンホールと言えば、日本の首都・東京都も、「都の花」に「桜・染井吉野」を選んでいます。
従って、東京都内のマンホール蓋には、東京都の木「イチョウ」を描いたマンホール蓋と、ソメイヨシノの花を描いたものと、二種類があります。
 
 
 
 
Photo_8
 
東京都から電柱を無くし、電線の地中化工事が一部で始まっていますが、その電線を埋設してある弱電路の蓋に、やはり「桜」が描かれていました。
 
 
 
 
Photo_9
 
東京都の西部にあり、国分寺市と立川市の間に設けられた新しい街を、両方の町から一字づつを取って「国立市」が誕生しました。
 
JR中央線の国立駅から南へ向かって伸びる「大学通り」は春になると桜の名所として有名ですが、マンホールには、その国立駅と桜並木とが描かれています。  
 
つい4~5年前から、国立駅の可愛い駅舎の改築工事が行われていましたが、その後はどんな駅舎に変わったのでしょう? 気になるところです。
 
 
 
 
Photo_10
 
Photo_11
 
静岡県三島市のマンホール蓋には「市の花」の「ミシマサクラ」が描かれています。
 
三嶋大社の境内にある桜で、ソメイヨシノより多少早く咲くのがミシマサクラ。 少し小ぶりの花が特徴のようです。
 
 
 
 
Photo_13
 
Photo_14
 
静岡県岡崎市も「市の花」に「サクラ」を選んでいます。
 
勿論、マンホールには、岡崎城、花火と並んで、満開の桜が描かれています。
 
 
 
 
Photo_16
 
西日本最大の商都・大阪市は「市の花」には「パンジー」を選んでいますが、「市の木」に「サクラ」を選んでいます。
 
満開に咲き誇った桜の花の中に、太閤秀吉が築城した大阪城が描かれています。
 
こんな華麗な眺め、一日も早く目にしたいものです。
 
 
 
 

« 桜のマンホール蓋(1) | トップページ | 桜のマンホール蓋(3) »

コメント

再発見と言うか再認識
そうですね、東京にもマンホールはあるのですよね・・
特に何も考えずにただ歩いていました。

駒込あたり、良く観ていませんでした。
そうですよね、今度は下をしっかり見てみます^.^/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64804350

この記事へのトラックバック一覧です: 桜のマンホール蓋(2):

« 桜のマンホール蓋(1) | トップページ | 桜のマンホール蓋(3) »

2017年5月

 
1
2
Img_0023
3
4
Img_0002
5
6
Img_0012
7
8
Img_0037
9
10
Img_0048
11
12
Img_0054
13
14
Img_0023
15
16
Img_0093
17
18
Img_0001
19
20
Img_0002
21
22
Img_0014
23
24
Img_0001
25
26
27
28
29
30
31