« 新居浜市・旧広瀬邸 | トップページ | 南西の空へ向かって! »

2017年2月28日 (火)

旧・広瀬邸の母屋

Img_0074

私達は旧・広瀬邸の来賓用建物「新座敷」から廊下を渡って、「母屋」へ戻りました。
 
思っていたより案外と小さな「茶の間」がありました。  
考えてみれば、あまり、大きな部屋より、この程度の小さな部屋の方が落ち着くのかもしれません。
 
 
 
 
Img_0076
 
一方、こちらは従業員が食事をしたり、作業をしたりする居間から台所方面。
 
流石に、こちらには十分に広く大きな区画です。
 
 
 
 
Img_0078
 
Img_0080
 
こちらは大きく、天井の高い台所。
 
隅っこに、「住友家」を示すハッピが残されていました。
 
 
 
 
Img_0081
 
Img_0082
 
Img_0083
 
座敷、居間の両方から登ってゆける、ちょっとお洒落な二階への階段です。
 
 
 
 
Img_0084
 
Img_0085
 
宰平の漢詩から採用された、母屋・二階の「望煙楼」です。
 
北と東に手摺を設けて洋風の意匠を用いて、洋式便器・暖炉・避雷針も設けてあります。
 
 
 
 
Img_0087
 
「望煙楼」の北側には、新居浜市内が見渡せ、遠く四阪島精錬所も眺められました。
 
 
 
 
Img_0089
 
Img_0090
 
「望煙楼」の東側の窓からは、表門から内庭方面が眺められます。
 
明治22年に完成した旧・広瀬邸は、別子銅山を支え、新居浜を近代工業都市へ変貌させた実業家広瀬宰平の邸宅。
平成15年5月、国の重要文化財に指定された、趣きある邸宅でした。
 
 
 
 
 
 

« 新居浜市・旧広瀬邸 | トップページ | 南西の空へ向かって! »

コメント

茶の間のストーブでしょうか暖炉でしょうか、それなのに火鉢というのが時代を感じさせてくれます、煙草盆を前にくつろいでいたのでしょうか・・
台所も居間にも炊事が始まりそうな気分、それにしても大きなお釜!

→ 鉄腕マトムさん

これだけの実業家の邸宅には、どれ程の使用人がいたのでしょうか?

女中頭以下、さぞ、多くの人が立ち働いていたのでしょうネ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64947169

この記事へのトラックバック一覧です: 旧・広瀬邸の母屋:

« 新居浜市・旧広瀬邸 | トップページ | 南西の空へ向かって! »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
Img_0003
28
29
Img_0038
30