« 広瀬歴史記念館 | トップページ | 祝・退院 »

2017年2月25日 (土)

旧・広瀬邸の庭から、、、

Img_0029

Img_0039
 
「広瀬記念館」の見学を終えて、「旧広瀬邸」へ向かうと、木立の中から先ず見えてくるのが、煉瓦造りの、まるで倉庫のような建物です。
 
 
 
 
Img_0040
 
Img_0041
 
広瀬宰平の長男・満正が、大正12年(1923年)に建て、自らの知識の開発のために設けた「馨原文庫」です。
 
この名称は、明治16年(1883年)満正が、この地に設けた「馨原校」という私塾から名前を採用したもので、 義務教育が開始されるまでの期間、教師を雇い、書籍学用品を支給して付近の子供達を集め、児童教育を施していました。
 
 
 
 
Img_0042
 
Img_0044
 
渡り廊下の先に見えてきたのが、広瀬家の持仏堂「靖献堂」です。
 
大正13年に完成したもので、正面に「天皇家」、左に「住友家」、右に「広瀬家」が祀られていました。 何だかお祀りしていることの規模が違います。
 
外壁にはベンガラが塗られ、屋根・裳階は銅板葺きです。
 
 
 
 
Img_0050
 
Img_0059
 
Img_0054
 
大きな庭園を更に進んでゆくと、左手に「母屋」と「新座敷」とが見えてきました。
 
これらの建物は、次回、ゆっくりとご案内しましょう。
 
外から眺めても立派な木造建築物だということが感じられました。
 
 
 
 
Img_0056
 
Img_0058
 
その、母屋・新座敷から見える内庭には、心字池を中心にして東屋を設け、茶室を配置した豪華な内庭が見渡せる工夫が為されていました。
 
我々貧乏人から考えると、とても個人の庭とは思えない贅を尽くした内庭で、その維持もさぞ大変なことでしょう!
 
 
 
 
 
 

« 広瀬歴史記念館 | トップページ | 祝・退院 »

コメント

外観を見ただけでゾクゾクしてきました
邸宅好きにはたまらないです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64908914

この記事へのトラックバック一覧です: 旧・広瀬邸の庭から、、、:

« 広瀬歴史記念館 | トップページ | 祝・退院 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31