« 麦踏の季節 | トップページ | 梅のマンホール蓋 »

2017年2月15日 (水)

水仙とマンホール蓋

Img_0014

 
Img_20170121_0001
 
いつも日課の散歩に出掛けたとき、道路脇で見つけたのは白い水仙の花。
 
早速、写真に撮って持ち帰り、その写真を観ながら「2月の絵手紙」を描きました。
 
 
 
 
Photo
 
Photo_2
 
マンホール蓋のコレクションを探してみると、「水仙」を「市の花」、「町の花」に指定しマンホールに描いているところが、案外沢山見つかりました。
 
岐阜県安八町と、大阪府和泉市のマンホール蓋です。
 
 
 
 
5
 
Photo_4
 
Photo_7
 
富山市と合併した旧・婦中町や、淡路島にある洲本市も水仙を「町の花、「市の花」に選んでいます。
 
 
 
 
Photo_5
 
Photo_6
 
私の住む香川県のお隣、高知県香南市となった旧・野市町もカラフルで楽しい絵柄に水仙を描いていました。
 
 
 
 
Photo_8
 
九州の長崎県佐世保市と合併した旧・江迎町も水仙を「町の花」に選んでいたようで、デザイン化した水仙をマンホールに描いていました。
 
冬の越前海岸には、冷たい北風に吹かれながら見事に花を咲かせる水仙郷がありますが、そんなことから「福井県の花」に水仙が選ばれています。 
コタツに籠ってばかり居ないで、一度はその北風の吹く越前海岸まで行って、群生して咲く沢山の水仙の花を観てみたいものです。
 
 
 

« 麦踏の季節 | トップページ | 梅のマンホール蓋 »

コメント

水仙の群生は見たことがないのです、
たいてい、道端の片隅や花壇の片隅に・・
香りを感じるそうですね、嗅いでみたいです。

安八町のマンホールの蓋が 水仙だったとはちっとも知りませんでした。
今度行ったら見てこようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64794008

この記事へのトラックバック一覧です: 水仙とマンホール蓋:

« 麦踏の季節 | トップページ | 梅のマンホール蓋 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31