« ツツジのマンホール蓋(2) | トップページ | 広瀬歴史記念館 »

2017年2月23日 (木)

新居浜市のマンホール・カード

Img_0001_2

 
Img_0002
 
私達は朝早くから松山自動車道を走り、愛媛県新居浜市の新居浜駅前にある「あかがねミュージアム」まで出かけました。
 
「あかがねミュージアム」は「創る、学ぶ、育む」をコンセプトにした総合文化施設で、その名前は新居浜の誇る「別子銅山」から産出された金属・銅の別名「あかがね」から採用されました。
 
 
 
 
Img_0006
 
その「あかがねミュージアム」一階のインフォメーションでいただいてきたのが、この新居浜市のマンホール・カードです。
 
毎年、10月15日から盛大に行われる「新居浜太鼓祭り」で使用される太鼓台に取り付けられる「布団締め」に描かれている「龍」と、太鼓台の四隅から垂らされている「房」とが描かれています。
 
 
 
 
Img_0007
 
太鼓台は、重さ3トンもある大きなもので、総勢150人もの若者によって担がれ、町内を練り歩き、会場では太鼓台ごとに勇壮さを競う「掻き比べ」を繰り広げます。
 
 
 
 
Img_0005_5
 
早速、新居浜市内へ出て、教えられた設置場所で実際のマンホール蓋をパチリ!
 
やっぱり、実際のマンホールはカードに印刷された写真と違って迫力が違います。
 
 
 
 
Img_0009
 
Img_0008
 
ただ、市内のほとんどは、新居浜市の「市章」を中央部に嵌め込んだだけの既製品で、給水弁にだけは「市の花」に指定されたツツジがデザイン化されて描かれていました。
 
 
 
 
Img_0013
 
Img_0014
 
新居浜駅へ戻ると、駅前には、やはり太鼓台が大きな看板に描かれ、愛媛県のイメージ・キャラクター「みきゃん」と一緒に飾られていました。
 
一昨年の秋に一度訪ねた「新居浜太鼓祭」に、もう一度行ってみようかな、、、と思わせるマンホール・カードと新居浜の駅前展示物でした。
 
 
 
 
 
 

« ツツジのマンホール蓋(2) | トップページ | 広瀬歴史記念館 »

コメント

マンホールカードが意外な施設で配布されているのですね
下水道関連施設にはちょっと行きにくい感じも有りますし・・
ホント、カードの写真より実物のほうが迫力を感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64842753

この記事へのトラックバック一覧です: 新居浜市のマンホール・カード:

« ツツジのマンホール蓋(2) | トップページ | 広瀬歴史記念館 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31