« 第82番札所・根香寺 | トップページ | 海上自衛隊・阪神基地隊 »

2017年1月12日 (木)

根香寺の紅葉

Img_0061

紅葉に染まる四国霊場第82番札所・根香寺を訪ねました。
 
写真に写っている、あの石段のその先に青峰山・千手院・根香寺の本堂があります。
 
左右から真っ赤に紅葉したモミジが石段を覆うように伸びていました。
 
 
 
 
Img_0063
 
本堂へ入り、左回りに続く薄暗い回廊を回って、私達も本尊へ手を合わせてきました。
 
その本堂から一段下の段、左に大師堂、御朱印をいただく寺務所が右側にあります。
 
先程見上げた真っ赤なモミジを、今度は上から見下ろしました。
 
 
 
 
Img_0064
 
大師堂のすぐ前にある「鐘楼」付近にも、真っ赤なモミジが見えます。
 
こんな紅葉に包まれながら鐘を衝くのも、気持ちが良いかもしれませんが、参拝の後に鐘を衝くのは「戻り鐘」と云って縁起が悪いとされています。
 
 
 
 
Img_0066_2  
 
Img_0070  
 
こちらは「五大堂」の裏手に見える紅葉の大木です。
 
白い土塀の向こうに、朱赤や黄色に染まったモミジの古木が並び、私達はこの秋一番の素晴らしい紅葉を楽しむことができました。
 
 
 
 
Img_0072
 
Img_0067
 
紅葉の間に見えているのは、樹齢1600年、「白猴欅」(ハッコウケヤキ)と名付けられた古木です。
 
智証大師が千手院を開基されたとき、この樹下に山王権現が現れ、白い猿が下りてきて大師を守護し、創業を助けたとされています。 
 
残念ながら昭和50年頃にこの欅は枯れてしまい、現在はその根を切り、屋根をつけ、太い幹だけを保存してあります。
 
 
 
 
Img_0074
 
最後の石段を折り始めた所で、二年程前の新緑の頃に、この根香寺を訪ねて写真を撮ったことを思い出しました。
 
 
 
 
Img_0073
 
Img_7798
 
石段を降りながら、この辺りでシャッターを押した…などと思いながら写真を撮りました。
 
自宅に帰って探してみると、2014年6月18日に撮った写真が、この緑色のモミジの写真ですが、どうやら写真は石畳に降りてから撮っていたようです。
 
まだ早朝の朝靄の中に、山門が白く浮かんで見えています。
 
 
 
 
Img_0076
 
今回、山門を見上げて撮った写真がこれ!
 
明るい日差しと、赤い紅葉が見事に撮れていました。  新緑の頃も良いものですが、こうした紅葉の時期も素敵なものです。
 
 
 
 
 
 

« 第82番札所・根香寺 | トップページ | 海上自衛隊・阪神基地隊 »

コメント

「鐘」は自由に突けるのですか?
新緑のモミジとの比較、いいもんですね、
白猴欅は写真で見ても神々しさが伝わってきます。

→ 鉄腕マトムさん

お寺の鐘は、原則として、誰でも自由に衝くことができます。  住宅街に密接している数ケ寺だけは「ご遠慮ください!」と禁止の紙が貼られていました。 

此処へは行ったなぁーとおもいます。ハッコウケヤキに
覚えがあるのです。

秋では無かった。 秋はきれいですね。

→ 六花さん

新緑の季節もなかなか良い雰囲気のお寺さんですが、秋の紅葉は格別でした。

思い出を大事にとっておいてください。

いやー見事!
紅と黄のバランスが素敵です^.^/

→ キハ58さん

素晴らしい紅葉で、根香寺へは、また紅葉の時期に訪ねてみたいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64674403

この記事へのトラックバック一覧です: 根香寺の紅葉:

« 第82番札所・根香寺 | トップページ | 海上自衛隊・阪神基地隊 »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
26
27
28
29
30