« 勝山・出雲街道 | トップページ | 吉備中央町・宇甘渓へ! »

2017年1月 6日 (金)

暖簾のかかる街並

Img_0089

Img_0091
 
城下町勝山の出雲街道沿いの家々では、色々な暖簾(のれん)をかけて、独特の雰囲気を醸しています。
 
赤い鼻緒(はなお)を描いたノレンを下げているのは、、、「履物屋さん」で、 リノベーションを受け付けているのは地元の「不動産屋さん」です。
 
 
 
 
Img_0098
 
Img_0095
 
一級建築士事務所である「工務店」、そして次の青いノレンは「酒屋さん」であることが、すぐに想像できます。
 
 
 
 
Img_0093    
 
Img_0099  
 
自動車販売店の「藤原モータース」と、バイク・自転車を売っている「谷奥モータース」のノレンです。   
 
それぞれに面白いイラストを加えたデザインで、その商売の内容を伝えていました。
 
 
 
 
Img_0092
 
商売をしていない、ごく普通の民家でも、それぞれの家毎にノレンを掛けて、街全体として楽しい雰囲気を盛り上げていました。
 
 
 
 
Img_0077_2
 
Img_0078
 
赤く燃えているようなモミジが見えたのは岡山県立・勝山高校の中庭です。
 
私達が訪れたのは11月12日で、土曜日だったせいか、どこからかピアノの音が聞こえるだけで校内はヒッソリと静かでした。
 
 
 
 
Img_0080  
 
Img_0084  
 
一方、黄色いイチョウが見事な眺めを造っているのは高田神社です。
 
創建時は熊野の地から勧請したことから「熊野大権現」と呼ばれていましたが、明治に入り神仏分離令によって、旧地名から「高田神社」と改められました。 
 
時間の都合もあり、本丸のある城山へは登ることができませんでしたが城下町・勝山は、なかなか雰囲気タップリの街で、私達もゆったりと散策を楽しんできました。
 
 
 
 
 
 
 

« 勝山・出雲街道 | トップページ | 吉備中央町・宇甘渓へ! »

コメント

暖簾の町並み
素晴らしいです!!
最近見かける「暖簾」なんて蕎麦屋か寿司屋くらいですからね
こんなに趣向の凝らした暖簾、見ていて楽しいです!!
高田神社、手水が鳥居の外にあるのが何か可愛らしいです。

→ 鉄腕マトムさん

それぞれの業種毎にデザインやイラストが楽しい町でした。

一般家庭まで暖簾があって和風の雰囲気が嬉しいですね。

のれん!やっぱりなぁー
そこの風土が育てた文化ってあるのかな?

ここでは のれんばりばりに氷ってくぐるときに
怪我をしそうです・・
温かなところへ行きたーい。

→ 六花さん

暖簾が凍ってしまうなんて、考えたこともありません。

寒さが違うんですネ~!

暖簾ひとつで雰囲気変わりますね!
素敵です^.^./
そういえば、東京でも日本橋のビルなんかでも暖簾で雰囲気づくりしている一角がありました。

→ キハ58さん

お店毎のノレンは楽しいですね。

和風の感じがとても良い雰囲気でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64654522

この記事へのトラックバック一覧です: 暖簾のかかる街並:

« 勝山・出雲街道 | トップページ | 吉備中央町・宇甘渓へ! »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
26
27
28
29
30