« 明石海峡公園の冬桜 | トップページ | 食文化博物館・見学 »

2017年1月21日 (土)

日本食研・KO宮殿工場

Img_0062

愛媛県今治市にある日本食研㈱のKO宮殿工場へ行ってきました。
 
「焼肉焼いても、家焼くな!」という関西弁のテレビ・コマーシャルを耳にした方も多いことと思いますが、日本食研は国内296ケ所、海外8ヶ国32ケ所の工場・事業所を有する食品企業で、業務用・個人用を合わせ約9,000種類もの商品を国内外へ出荷しています。
 
※  日本食研HP  http://www.nihonshokken.co.jp/index.html
 
 
 
 
Img_0001
 
高松市内の我が家から135Km,約1時間半程の所要時間で今治市内に入り、目指す日本食研の本社・KO宮殿工場へ到着しました。
 
茶色のハム・ソーセージ工場の向こう側に大きな本社ビルが見えてきました。
 
 
 
 
Img_00012
 
Img_00013
     ( 写真は会社案内カタログ より)
 
数日前に電話で「食文化博物館コース」の工場見学を予約してあった旨を入口ゲートで告げると、すぐに駐車場を案内してくれました。
 
駐車場の西側に、昨年のグループ売上高1,017億円という日本食研の本社ビルがド~ンと建っています。
 
 
 
 
Img_0005  
 
Img_0004
 
私達が車を停めた駐車場のすぐ北側には、今日のお目当てのKO宮殿工場がド~ン!
 
中世のお城をイメージした工場で、ものすごい迫力です。
 
 
 
 
Img_0002
 
Img_0003
 
でも、まず私達は本社ビルの中へ入り、工場見学の受付を済ませます。
 
石で造られた牛のアイドルキャラクター「バンコちゃん」がお出迎えです。
 
 
 
 
Img_0008
 
Img_0006
 
Img_0046
 
「食文化博物館コース」の見学開始までは、まだ15分程時間があり、しばらく大きなロビーで館内を眺めましたが、その豪華なこと。
 
1971年に高松市内の小さなアパートで事業を開始してから45年。 今やグループ売上高、1千億円を超える巨大な食品企業に成長した日本食研の本社です。
 
 
 
 
 
 

« 明石海峡公園の冬桜 | トップページ | 食文化博物館・見学 »

コメント

見学施設も充実しているそうですね、
見学されていることによって仕事に緊張感を与える目的も有ったそうです、
おっと、今日の「ブラタモリ」金比羅様ですね。

→ 鉄腕マトムさん

何とも豪華な工場を建てたものです。 ちょっと驚いてきました。

私達も先週の「さぬきうどん」に引き続いて「ぶらタモリ」が楽しみです。

良く使います!
写真で観たことあったのですが、会社とは思えない荘厳さですね^.^/
この先、記事が楽しみです。

→ キハ58さん

日本食研の「焼肉のタレ」は沢山売れているようですね~!

食べ物ってそんなに儲かるものなのですか?
思わず私たち何を食べさせられているかと思って仕舞います。

→ 六花さん

工場見学で知ったことですが、業務用の商品売り上げが90%なのだそうです。

私達消費者が直接買っている売り上げは僅か1割程しかないみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64699411

この記事へのトラックバック一覧です: 日本食研・KO宮殿工場:

« 明石海峡公園の冬桜 | トップページ | 食文化博物館・見学 »

2017年11月

     
1
2
Img_0064
3
4
Img_0167
5
6
Img_0175
7
8
Img_0002
9
10
Img_0001
11
12
14
13
14
Img_00013
15
16
Img_0002
17
18
Img_0012
19
20
Img_0033
21
22
Img_0061
23
24
25
26
27
28
29
30