« 城下町・勝山へ | トップページ | 暖簾のかかる街並 »

2017年1月 5日 (木)

勝山・出雲街道

Img_0064

Img_0065
 
真庭市勝山の街中を南北に通り抜ける街道は出雲へと通じる出雲街道。
 
その通りを「町並保存地区」に指定して、昔の面影を残す運動が行われています。
 
 
 
 
Img_0066
 
Img_0068
 
メインとなる「出雲街道」だけでなく、左右に伸びる枝道沿いの家屋にも白壁の屋敷や土蔵が多く残され、街全体が城下町らしい町並みを残していました。
 
「歴史好き」には、たまらない雰囲気が残されています。
 
 
 
 
Img_0069
 
Img_0070
 
出雲街道沿いには「郷土資料館」を設け、その先には「文化往来館」を造り、あれこれと観光客に美作・勝山藩の城下町を感じてもらう工夫が凝らされています。
 
 
 
 
Img_0071
 
その「出雲街道」から脇道へ入り、東へ進むと左手に安養寺の赤い鐘楼門が見えました。
勝山城主、三浦家の菩提寺で、五代から十代までの藩主の墓が残されています。
 
この安養寺から先には、妙円寺、玉雲宮、化生寺、高田神社と神社・仏閣がズラリと並んでいます。 昔であれば、さしずめ「寺町」という名前だったのかもしれません。
 
 
 
 
Img_0074
 
Img_0075
 
こちらが城下町・勝山に残された武家屋敷・渡辺屋敷です。
 
案内によると、渡辺家は家老に次ぐ上級武家で百六十石、立派な長屋門のあるお屋敷でした。
 
 
 
 
Img_0076  
 
Img_0072
 
更に奥へ進むと、侍屋敷が並んでいた、、、という一角が残されています。
 
現在であれば「戸建住宅団地」といった感じで、侍屋敷が並んでいたようです。
 
江戸の昔を偲びながら、私達の「勝山探検散歩」が続きました。
 
 
 
 
 
 

« 城下町・勝山へ | トップページ | 暖簾のかかる街並 »

コメント

こんばんは~
すっきりとした綺麗な街並みですね。
整備されていい雰囲気ですね。

→ 彩さん

かなり古い家並みが沢山保存されていました。 風情タップリでしたよ!

昔の街道そのままですね!
お侍さんがでてきそうです^.^/

こんなに素晴らしい町並み
訪れる観光客は少ないのでしょうか?

→ キハ58さん

よく、これだけの古い街並を残したものだと感心してしまいました。

→ 鉄腕マトムさん

真庭市の一部になった城下町なので、やっぱりマイナーなので観光客が多くありません。

その代わり、静かな散歩が楽しめます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64653311

この記事へのトラックバック一覧です: 勝山・出雲街道:

« 城下町・勝山へ | トップページ | 暖簾のかかる街並 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31