« 日本食研・KO宮殿工場 | トップページ | ハプスブルグ家の食卓 »

2017年1月22日 (日)

食文化博物館・見学

Img_0063

 
私達は午前10時から「日本食研KO宮殿工場」の博物館見学を開始しました。
 
先ず訪れたのは、パンフレットにも大きく写真が掲載されている「KO宮殿工場」です。
 
 
 
 
Img_0022
 
Img_0019
 
上の写真が、オーストリア・ウイーンにあるハプスブルグ家の「ベルヴェデーレ宮殿」。 下の写真が今治市に建築されている「日本食研・KO宮殿工場」です。
 
 
 
 
Img_0023
 
上の比較表でもお分かりになると思いますが、宮殿工場の方が左右も奥行きも大きく、建築面積は本物の2.9倍も大きなものです。
 
また、KO宮殿工場は、外見からは3階建てのように見えますが、実際には5階建てになっています。
 
 
 
 
Img_0009
 
Img_0011
 
Img_0010
 
私達はゾロゾロと「KO宮殿工場」へ移動し、正面入口から入館すると、そこは二階まで吹き抜け構造の「マーブル・ホール」。  日本食研のキャラクター「バンコちゃん」が大きなアルプホルンを吹いて来館者をお出迎えしてくれます。 ボタンを押すとホルンのメロディーが流れました。
 
 
 
 
Img_0014
 
Img_0015
 
壁際のショーケースには、ハプスブルグ家で使用していたペーパー・ナイフやブックエンド、錫飾りコルクなどがズラリと展示されています。
 
 
 
 
Img_0016
 
Img_0018
 
台湾へ支店を開設し、大沢社長が中華民国総統府を表敬訪問した際に、李李登輝副総統からいただいた茶器などが展示されていました。
 
 
 
 
Img_0021
 
さあ、次はロイヤルダイニング・ルームへご案内しましょう!
 
ガイドさんは、次々に案内し説明されますが、、、、「へ~! そうなんだ!」と納得したはずなのに、、、残念ながら、、、半分も覚えていません。
 
 
 
 
 
 

« 日本食研・KO宮殿工場 | トップページ | ハプスブルグ家の食卓 »

コメント

会議室のようなところに案内されレクチャーを受けてからの見学かと思ったら・・
いきなりこの展示物では話は上の空になりますね、
ロイヤルダイニング、気になります~

→ 鉄腕マトムさん

ガイドさんの話って、案外覚えていないものですネ~!  しっかり聞いていたはずなのに、あまり覚えていません。

ミュージアムを観るのが大好きですが 個人の美術館や
宗教団体の美術館 それにこんな風なとろも
訪ねたいと思い乍ら・・何処かで 誰から搾取してこんな立派な
ものが存在するのだろうと・・いつもこころの隅で思って居ます。

でもMOA美術館も 足立美術館も 大原美術館ももう一度訪ねたいです。

→ 六花さん

事業に成功すると、こんなものを造りたくなるようです。

その会社のトップの考え方なのでしょうが、、、。

モデルがあったのですね!
ホルンとバンコちゃんの組み合わせが楽しいです^.^/

→ キハ58さん

使用するのが工場なので、本物のベルベデーレ宮殿より大きな建物になったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64706238

この記事へのトラックバック一覧です: 食文化博物館・見学:

« 日本食研・KO宮殿工場 | トップページ | ハプスブルグ家の食卓 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31