« 讃岐山脈が初冠雪 | トップページ | 神庭の滝 »

2017年1月 1日 (日)

学問の聖木

Img_2017003
 
新しい年が明けました、本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。
 
 
 
 
Img_81_2
 
さて、我が家のすぐ近くに大手前高松中学・高等学校がありますが、その正門横に「学問の聖木」とも呼ばれる「櫂(カイ)の木」が植えられています。
 
写真は、昨年6月22日の「櫂の木」です。
緑鮮やかな葉が繁り、元気いっぱいに育っています。
 
 
 
 
Img_91
 
古代中国の思想家「孔子」の墓所に、その弟子である子貢が「櫂の木」を植えたため、「孔子の木」とも呼ばれ、各地の孔子廟にも櫂の木が植えられています。
 
日本国内にも、孔子の墓所から種を採取し農商務省林業試験場で栽培した櫂の木が、孔子ゆかりの湯島聖堂、足利学校、閑谷学校などへ配られました。
 
写真は、昨年11月10日の「櫂の木」です、下枝の葉に、少し青みが残っていますが、かなり紅葉が進んできました。
 
 
 
 
Img_92
 
8e544b6213f6095e54a02ed08ca70c9d
 
11月15日、真っ赤に紅葉した「櫂の木」です。
 
「櫂の木」は枝が直角に分かれ、左右にきちんと葉が伸びる様子から、漢字の「楷書」の由来にもなりました。
 
 
 
 
Img_95  
 
紅葉の盛りを迎えた11月15日から、僅か二日後の17日には、早くも少しづつ葉が落葉し始めました。  
 
大自然の営みには「情け容赦」などありません。
 
 
 
 
Img_910
 
11月21日の「櫂の木」と、その背後に控える室山の紅葉です。
 
櫂の木ばかりでなく、室山のあちこちに真っ赤に染まった櫨の木が見えます。
 
 
 
 
Img_99
 
紅葉から一ケ月後、12月16日には、もうこんな状態になりました。
 
全ての葉を落とし、次の春に向けて、枝先には新芽の準備を進めていることでしょう。
 
 
 
 
Img_71
 
Img_98
 
命溢れる若葉の頃、そして精一杯最後の力を出し切った紅葉の季節。
 
「学問の木」、「櫂の木」の変化を眺めていると、ついつい人生を考えてしまいました。
 
どうぞ、本年もブログ「旅のスナップ」を、宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 

« 讃岐山脈が初冠雪 | トップページ | 神庭の滝 »

コメント

明けましておめでとうございます
楷の木の1年、移り変わりにメリハリがあり潔いですね、
本年も素晴らしい紀行記をワクワク楽しみにしております。

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願い致します。

→ 鉄腕マトムさん

明けましてオメデトウございます。 どうぞ、今年も宜しくお願いいたします。

同じ木を眺めていても、その変化に驚かされます。

→ 彩さん

新しい年を迎えました。 どうぞ、今年も宜しくお願い致します。

学生たちを見守ってきた樹なのですね!
こうして季節を経た姿、印象的です、
今年もよろしくお願いします^.^/

→ キハ58さん

毎年、毎年、入学してくる子供達の行き帰りを見つめている櫂の木です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64632229

この記事へのトラックバック一覧です: 学問の聖木:

« 讃岐山脈が初冠雪 | トップページ | 神庭の滝 »

2017年12月

         
1
2
Img_0009
3
4
Img_0025
5
6
Img_0049
7
8
Img_0075
9
10
Img_0031
11
12
Img_0001
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31