« 初冬の森林公園 | トップページ | 讃岐山脈が初冠雪 »

2016年12月30日 (金)

真庭市の紅葉へ

Img_0001

11月中旬の土曜日、私達は紅葉を求めて岡山県真庭市方面へ車を走らせました。
 
車は爽快な瀬戸大橋を渡り、岡山道から中国道、そして米子道へ入ってすぐの久世ICで一般道へ下りました。
 
街中を通過中に見つけたのが、旧・久世町のマンホール蓋。  毎年10月末に行われる久世祭りの「けんか・だんじり」 が描かれています。
 
 
 
 
Img_0002_2
 
Img_0005_2    
 
Img_0006
 
車が国道313号線・美作街道を走り始めると、あちこちに紅葉の時期を迎えた木々が見え始め、今日はどんな紅葉が眺められるのか…期待が高まります。
 
 
 
 
Img_0007
 
この日の紅葉ドライブの目的地は真庭市・勝山地区にある名瀑・神庭の滝です。
 
日本の滝百選にも選ばれている高さ110m、幅20mという中国地方でも有名な大きな滝を眺めたいと車を走らせています。
 
 
 
 
Img_0008
 
案内図の下部に示された「神庭の滝観光センター」前の駐車場に車を停め、そこから先は20分程遊歩道を歩いて滝を目指します。
 
 
 
 
Img_0009
 
Img_0011    
 
緩やかな遊歩道に沿って小さな渓流が流れ、紅葉した木々が渓流に枝を伸ばしています。
 
山道を登ってゆくと、一段と空気も冷たさを感じるようになってきます。
 
 
 
 
Img_0012
 
Img_0013    
 
周囲の木々はすっかり黄色く色付き、渓流には苔が広がり、遊歩道の周囲は見事な大自然が描いた絵画を眺めているようです。
 
どこを切り取っても素敵な絵画になりそうでした。
                
 
 
 
Img_0014_2
 
Img_0016
 
Img_0017
 
「玉垂れの滝」です。  
 
大きな岩の表面を伝ってきた水が、まるで水晶玉のように岩の周囲から滴り落ちます。
 
屋根から落ちる雨垂れにも似た、とても優しい光景でした。
 
 
※  この記事の続きは、1月2日から開始したいと思います。 
 
 
 
 
 
 
 

« 初冬の森林公園 | トップページ | 讃岐山脈が初冠雪 »

コメント

おお!
なるほど「玉垂れの滝」
何時間でも見ていたくなりますね
真庭市のマンホール、拓本を採りたくなります!

→ 鉄腕マトムさん

小さな水玉が絶え間なく落ちている、静かで優しい滝です。

玉垂れの滝とはなんと風情のあるネーミングでしょうか。
本当にやさしい滝です。癒されますね。

→ スーちゃん

こんな滝は珍しいかもしれません、ポツポツと岩の周囲から落ちているのは滝というよりも玉垂れそのものでした。

水玉を実感できる滝なんて、素晴らしいです!
表面張力が生む、自然の美ですね^.^/

→ キハ58さん

今日はもう正月休みに入っているのでしょうね。

いつも嬉しいコメントを有難うございます。

11月中旬なんですね!
日帰り出来るので、是非行って見ます。

やっと座れました。
全員集合(12人)に向けての準備は大変!!

よいお年を~

→ うさはるさん

年末の主婦は、さぞ忙しいことでしょう。

我が家も妻が頑張ってお節を造っています。 我が家の二人分と姉の家の二人分です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64631892

この記事へのトラックバック一覧です: 真庭市の紅葉へ:

« 初冬の森林公園 | トップページ | 讃岐山脈が初冠雪 »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31