« 獅子岩展望台 | トップページ | 弥山・山頂展望台 »

2016年12月22日 (木)

弥山・山頂へ!

Img_0064

 
ロープウエーに乗って獅子岩駅までやってきた私達は、少し坂道を下り、その先から山頂へ向けて上り坂に入ります。
 
上の案内図で云えば、下から上へ向かって進むことになります。
 
普通の人なら30分程の行程ですが、私の場合は40分程はかかるでしょう。
 
 
 
 
Img_0066
 
一旦坂道を下り、雑木林の中を通り抜けて進むと、左後ろに瀬戸内海が見えました。
 
お天気は良く、それ程寒くもなく、絶好のハイキング日和です。
 
 
 
 
Img_0067
 
Img_0068
 
ハアハア息を弾ませて坂道を登ってゆくと、先ずは霊火堂が見えてきました。
 
すぐ南側には弥山本堂も並び、登山中の皆んなも一先ず休憩です。
 
テレビのニュースによると、お地蔵様を何体も壊して回っている「罰当たり」がいるようですが、こちらでは可愛いお地蔵様に願をかけて奉納していました。
 
 
 
 
Img_0069
 
Img_0070
 
すぐ上には鬼の神様を祀っている珍しいお堂、三鬼堂。 家内安全、商売繁盛にご利益があるとか!
 
更に、その上に観音堂、文殊堂が並んで鎮座していました。
 
 
 
 
Img_0071
 
Img_0072
 
急な山道は階段が多くなり、左右には奇岩・怪石が目立つようになります。
 
そんな大岩を抜けると、瀬戸内海が望めたりして、気分は爽快! 
 
 
 
 
Img_0074
 
Img_0075
 
Img_0076
 
大きな岩と、岩との間を擦り抜け、岩の隙間を潜って石段が続いていました。
 
 
 
 
Img_0077
 
Img_0079
 
瀬戸内海の素晴らしい眺望が開けてきました。
 
弥山の山頂は、もうすぐ先です!
 
 
 
 
 
 

« 獅子岩展望台 | トップページ | 弥山・山頂展望台 »

コメント

「くぐり岩」が気になっていました
岩が優しく通り道を作ってくれたかのよう。

→ 鉄腕マトムさん

何ヶ所も岩を潜って抜ける山道があって、なかなか楽しい登山でしたよ。

ハイキング感覚で大丈夫でしたか?
石段は幅が狭く急で、歩きにくそうですが、
クリアすれば素晴らしい展望が開けるんですね~

→ うさはるさん

それ程多くの人が居なかったので、案外楽に上がれました。

また、若い外国人もあちこちで見かけました。

ライブ感覚での登山中継ですね!
だんだん展望が開けてくるのが素晴らしいです。
登った甲斐がありますね^.^/

→ キハ58さん

登るのに従って、遠くが見えるようになって、楽しい登山でした。

カメラを構える時は、休憩ですから、、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64601515

この記事へのトラックバック一覧です: 弥山・山頂へ!:

« 獅子岩展望台 | トップページ | 弥山・山頂展望台 »

2017年8月

   
1
2
Img_0009
3
4
Img_0028
5
6
Photo
7
8
70507
9
10
Img_0006
11
12
Img_0005
13
14
Img_0035
15
16
Img_00462
17
18
Img_0053
19
20
Img_0066
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31