« あっ!  富士山が、、、 | トップページ | 豊川稲荷へ »

2016年11月14日 (月)

豊川市のマンホール・カード

C

 
東京から出発した東名高速ドライブは豊川ICで一般道へ下りました。
 
私達の車は、すぐに豊川市内へ入り、その門前町商店街にある豊川市の観光協会を訪ね、お目当ての「マンホール・カード」をいただきました。
 
豊川市のユルキャラ「いなりん」を中央に描き、周囲には市の花「サツキ」と、市の木「クロマツ」を配置し、いなりんの周囲は小さな桜の花で飾られています。
 
 
 
 
Photo
 
「いなりん」の肩書は豊川市の宣伝部長だそうですが、その身体は「キツネ」と「稲荷寿司」の両方を現しています。  
 
実際のマンホールには描かれていませんが、「いなりん」を背中の方から見ると「稲荷寿司」のように白い米粒がギッシリ詰め込まれています。
 
 
 
 
Img_0021
 
Img_0022
 
「豊川いなり参道」になっている賑やかな門前町商店街を通り抜けた所に、マンホール・カードに採用されたカラー・マンホールを見つけました。
 
こうして見下ろすと、流石に綺麗な絵柄で、踏みつけるにはチョット勿体無い気がします。
 
 
 
 
Img_0018
 
既製品の絵柄の中央に豊川市の「市章」を入れただけのマンホールが、豊川市で制作した一番初期のものだろうと推測されます。
 
 
 
 
Img_0017
 
Img_0020_2
 
次に誕生したのが、豊川市内を流れる佐奈川という桜の名所と豊川稲荷のキツネを描いた、このデザインのマンホール蓋でしょう。
 
どうやら、こちらのデザインの蓋は汚水用の下水配管専用に使われているようです。
 
 
 
 
Img_0019
 
こちらは周囲に大小の傘を八つデザインした「雨水用」のマンホール蓋です。
 
普通は、汚水と雨水は文字だけで区別している場合が多く、こうしてマンホール蓋の絵柄まで区分しているのは、珍しいものです。 
 
こうして立ち寄ったのも何かの縁。  
私達も沢山の観光客と一緒に、豊川稲荷へお参りしてゆくことにしましょう!
 
 
 
 
 
 

« あっ!  富士山が、、、 | トップページ | 豊川稲荷へ »

コメント

「いなりん」
ちょっと笑ってしまいました・・
そうですよね「豊川」といえば「豊川稲荷」
雨水のマンホールもかわいい!
傘の内側はもしかして「てるてる坊主」でしょうか。

→ 鉄腕マトムさん

ご指摘のように、、最後の雨水用のマンホール蓋、傘の下に描かれているのは「てるてる坊主」でしょうネ~!

いなりん、もうちょっと笑顔・・・キツネ目で無くても良いですかね^.^;;
傘のデザインはアートですね!

→ キハ58さん

イナリンの目、ご指摘のように、もう少し丸く愛らしい方が可愛かったかもしれませんネ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64457283

この記事へのトラックバック一覧です: 豊川市のマンホール・カード:

« あっ!  富士山が、、、 | トップページ | 豊川稲荷へ »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30