« 大谷資料館 | トップページ | 佐久・竹廼家 »

2016年11月 6日 (日)

大河ドラマ「真田丸」で賑わう町

Img_0019  
 
Img_0001_2
 
山形県の米沢で宿泊した翌日は、栃木市内で美味しい鰻を食べ、夕食は信州・上田で鯉料理、どじょう汁をいただき、上田市内で一夜を過ごしました。
 
上田市内は、今年のNHKテレビの大河ドラマ「真田丸」の影響で賑わっている最中です。
 
 
 
 
Img_0002  
 
Img_0018
 
上田市のマンホールには、その真田氏の家紋であった「六連銭」が少しアレンジされて「市の花」であるツツジの花と一緒にデザインされています。
 
 
 
 
Img_0003
 
Img_0004
 
観光客が訪れることのない、この趣きある城門は、上田藩主の屋敷門として使われてきたもので、現在は県立・上田高校の正門として使われています。
 
屋敷跡は既に学校の校舎に変わってしまっていますが、門だけはこのようにしっかり保存・活用されています。
 
 
 
 
Img_0006
 
Img_0007
 
まだ午前中の早い時間でしたが、上田城址には、もう沢山の観光客が来場していました。
 
正面に見えてきたのが上田城址の大手門です。
 
 
 
 
Img_0008
 
Img_0009
 
元々は、仙石氏が築いた大手門の石垣なのですが、真田信之が松代へ転封される際、父の形見として持ってゆこうとしましたが、重くてビクともしなかった…と伝えられ「真田石」と名付けられている大石です。
 
 
 
 
Img_0012
 
Img_0013
 
上田城の本丸は既に無く、当分は復元される予定もなさそうです。
 
城址公園内には、真田神社が残され、拝殿の横には、古くからの「真田井戸」が残されています。
 
 
 
 
Img_0014
 
築城当時はこの城のすぐ眼下を千曲川が流れていたようですが、徐々に流れが変わり、現在は2Km程南西を千曲川が流れています。
 
現在その千曲川の流れとの間には「長野新幹線」が走り、遠くに上田駅が見えます。
 
私がまだ若かった頃、6年程この上田市内に勤務し、長女が中学校、長男が小学校、次男が保育園へ通っていました。  
私にとっては、若い頃の家族の思い出と共に、懐かしい町です。
 
 
 
 
 
 

« 大谷資料館 | トップページ | 佐久・竹廼家 »

コメント

ブームが去るとひっそりとした町になるのでしょうか?
むしろその方が「上田」の町にふさわしい気がします。

→ 鉄腕マトムさん

降って湧いたような「真田丸」人気で、大勢の観光客が押し寄せていました。

これほどの賑わいは嬉しいような、迷惑なような、、、。

今回の(多分)最後の宿泊はどこかな?
明日が楽しみです^^

→ スーちゃん

私達の旅は、まだまだ続くんですよ!  ご期待ください。

子育ての町は 何処にも無い郷愁が感じられますね。
上田は良く行きました。 何せ旅をするなら九州か長野と
思って居ましたから・・今日は日曜日 真田丸ですね。

→ 六花さん

私達の子育てをした町は上田なので、どこも思い出深い町ですが、残念ながら、少しづつ変わってきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64423438

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ「真田丸」で賑わう町:

« 大谷資料館 | トップページ | 佐久・竹廼家 »

2017年4月

           
1
Img_0034
2
Img_0044
3
Img_0620
4
Img_0001_2
5
6
Img_0014
7
8
Img_0032_2
9
10
Img_0046
11
12
Img_0056
13
14
Img_0067
15
16
Img_0011
17
18
Img_0001
19
20
Img_0173
21
22
Img_0009
23
24
Img_0022
25
26
27
28
29
30