« 鶴岡のマンホール | トップページ | 鶴岡から象潟へ »

2016年10月18日 (火)

加茂水族館

Img_0005

Img_0007
 
せっかく鶴岡までやってきたのに、懐かしい顔を見ただけで、どこも観光せずに鶴岡を出発してしまうのは勿体無い…と、翌朝は早起きして、クラゲの展示で有名な加茂水族館を訪ねることにしました。
 
鶴岡市立・加茂水族館は、クラゲの展示数・世界一を誇り、ここ数年俄かに注目を集めている人気の水族館です。
 
 
 
 
Img_0010
 
大きなクラゲを描いた黒っぽい看板の背後に見えている、白い壁が目指す加茂水族館の外壁です。
 
この日は9月19日で「敬老の日」という祝日のせいか、午前9時開館の16~17分前に到着したのですが、既に30人程の入館希望者が並んでいました。
 
 
 
 
Img_0006
 
嬉しいことに、大勢のお客様が入口で並んで待っていたせいか、定刻9時の6~7分前には、入館が開始されました。
 
 
 
 
Img_0012
 
Img_0016
 
Img_0026
 
Img_0027
 
観覧する水槽には、先ず「淡水魚」、次に「海水魚」、そしてお目当ての「クラゲ」の展示と続いています。
 
 
 
 
Img_0033
 
Img_0034
 
流石に、展示数・世界一と云われるだけあって、クラゲの種類の多いこと!
 
とてもこのブログ一回では紹介しきれない沢山のクラゲを観ることができました。
 
 
 
 
Img_0055
 
体調1~2cm程の小さなクラゲが居るんですネ~!
 
これ等の小さなクラゲは成長途中で小さいのではなく、これで立派な大人のクラゲなのですから驚きです。
 
※  クラゲの飼育展示室には、誕生したばかりから、順を追って成長過程を観察できるコーナーも設けてありました。  
 
 
 
 
Img_0048
 
Img_0064
 
一方、こちらのクラゲは巨大なもので、体調50~60cm以上の大きさがあり、ちょっと不気味な感じがしました。
 
 
 
 
Img_0074
 
Img_0073
 
壁一面に広がっている、直径5mという世界最大級の水槽の中で、ゆらゆらと揺れる沢山のミズ・クラゲには、思わず「うわ~!」という歓声が漏れてしまいました。
 
「クラゲ・ドリーム・シアター」という名の通り、まるで映画を見ているような感じがします。
 
是非、機会を見つけて「鶴岡市立・加茂水族館」をお訪ねください、お勧めです!
 
 
 
 
 
 
 

« 鶴岡のマンホール | トップページ | 鶴岡から象潟へ »

コメント

これは見とれてしまいますね!
エチゼンクラゲのように嫌われ者もいますが小さなものは癒されそう。

TVで取り上げていたのを見たことあります。
いや~、幻想的で見ごたえありますね!
ふわふわ生きるクラゲ、この揺らぎに魅力を感じます^.^/

→ 鉄腕マトムさん

私もテレビ・ニュースで聞いたことがありましたが、実際に目にするのは初めて。

その種類の多さや、大小それぞれの動きに魅了されました。

→ キハ58さん

こんな泳ぎ方をする生き物は、他には無く、とても幻想的な光景でした。

いまは何か特色を出さなければ 人が集まらなくなりましたね。
くらげとは・・面白かったですね!

→ 六花さん

旭山動物園と並んで加茂水族館は成功したようです。  東北の片田舎の小さな水族館が一躍、全国的に有名になってしまいました。

ちょっと留守している間に、もう鶴岡なんですね。
クラゲ水族館、人気なんですけど、
まだ行ったことありません。

クラゲでもた~くさんの種類があるのですね~
夢の世界!
私も先日地元(川島町にある)アクアトトという水族館に初めて行ってきました。
これはもう~ おとなでも十分楽しめる所だと再認識しました。
アシカショーなど、本当に賢いのに感心しました。

→ マインさん

長岡市内も、あれこれ見どころ満載でしたよ!

→ スーちゃん

大きなクラゲから小さなクラゲまで、沢山の種類があって、驚きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64330117

この記事へのトラックバック一覧です: 加茂水族館:

« 鶴岡のマンホール | トップページ | 鶴岡から象潟へ »

2017年10月

1
Img_0019
2
3
Img_0027_2
4
5
Img_0039
6
7
Img_0002
8
9
Img_0067
10
11
Img_0076
12
13
Img_0009
14
15
Photo_6
16
17
Photo
18
19
Img_0075
20
21
Img_0085
22
23
Img_0095
24
25
26
27
28
29
30
31