« 千畳敷海岸 | トップページ | 三内丸山遺跡 »

2016年10月26日 (水)

岩木山が見えてきた!

Img_0206_2

 
Img_0207
 
千畳敷海岸で、日本海へ沈みかかった夕陽を眺めた私達は、その日の宿泊地・青森市内を目指して走り始めましたが、その国道で見つけたのが深浦町のマンホール蓋。
 
日本海へ沈む夕陽を描き、「夕陽海岸」という文字が書かれています。 深浦町から鯵ヶ沢町へかけて続く約46Kmの海岸線のことを「夕陽海岸」と呼んでいるようです。
 
 
 
 
Img_0208
 
もうすぐ鯵ヶ沢町かと思いながら車を走らせていると、正面に見えてきたのが、名高い津軽の名峰・岩木山です。
 
夕闇の迫る津軽平野から伸びる姿を、薄い色合いで私達に見せてくれました。
 
 
 
 
Img_0210
 
暫く岩木山を見ながら国道101号線を走っていると、すぐ右を国道と平行して走っている五能線にオレンジ色のラインを施した電車が近づいてきて、ゴーッという音と共に私達の車を追い越してゆきました。
 
慌ててカメラを用意して、パチリ!
後で見てみると、岩木山と一緒に綺麗な写真が撮れていました。
 
 
 
 
Img_0211
 
その日のロング・ドライブも、そろそろ最終章。
 
走ってきた国道101号線を振り返ると、木々の向こうに、キラキラと光っていた夕日が丁度沈む瞬間でした。
 
 
 
 
Img_0212
 
車は五所川原市内を通過する頃、右手には影絵のような岩木山が見えました。
 
空が朱赤に染まり、岩木山が黒々と見えます。
 
明日も、きっと良い天気でしょう!
 
 
 
 
 
 
 

« 千畳敷海岸 | トップページ | 三内丸山遺跡 »

コメント

マンホールのデザインが「夕日」なんて!
しかもデザインが素晴らしい
実際の夕暮れは・・
あ~電柱がジャマ。

→ 鉄腕マトムさん

そそう、電柱の邪魔なこと! こうして写真に撮ってみると、案外沢山の電柱が写るものです。

五能線とおやまと 101号線 一瞬ですよね。
走っていく電車を撮るのは至難の業です。

サヌ・ヒロさん さすがーです。
電車は あなたにウインクして走り抜けた様な写真です!

→ 六花さん

咄嗟にカメラを構えて、2度シャッターを押しました。 案外、咄嗟に押した一枚目の写真の方が良い構図に写っていました。  

リゾートしらかみ・くまげら編成、ナイスショットです!
それにしても、1枚目の磯と海と雲と空とお日様の加減がベストマッチですね^/^/

→ キハ58さん

まさかこんなすぐ横を、五能線の電車が走ってゆうなんて、思ってもいませんでした。

電車は案外と綺麗に撮れていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64365923

この記事へのトラックバック一覧です: 岩木山が見えてきた!:

« 千畳敷海岸 | トップページ | 三内丸山遺跡 »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30