« 加茂水族館 | トップページ | ハタハタの里へ »

2016年10月19日 (水)

鶴岡から象潟へ

Img_0076

Img_0079
 
鶴岡市立の加茂水族館から外へ出ると、左上に小さな燈台が見えます。
 
あそこまで登ったら、良い景色が眺められるのだろうか、、、と、興味半分で、私達は急な石段を登ってみました。
 
どうやら灯台は「荒埼灯台」という名前のようです。
 
 
 
 
Img_0077
 
その荒埼灯台にまで登ると、右下に、つい先程まで沢山のクラゲを鑑賞してきた加茂水族館が小さく見えました。  
 
あの岩に囲まれた海獣エリアで行われるアシカのショーは、時間が合わず見ることができませんでした。
 
でも、生まれて初めて、あんなに沢山のクラゲを鑑賞でき、満足の水族館です。
 
 
 
 
Img_0082
 
Img_0083
 
これが灯台のある場所から眺めた日本海です。
 
方向から推測すると、あの岬の向こう側に、鶴岡の名湯・湯野浜温泉があります。
 
 
 
 
Img_0090
 
Img_0103
 
私達は鶴岡市内まで引き返し、日本海東北自動車道へ乗り、秋田県の能代方面へ向かいました。
 
高速道路の脇に、「標高2236m 鳥海山」の案内板が立っていましたが、生憎の雲に覆われ、鳥海山はその山麓さえ見えません。
 
でも、高速道路の左右には、庄内平野がパ~ッと広がり、この荘内地方でもそろそろ稲穂が黄色く実ってきています。 黄色い田んぼは「稔りの秋」の装いです。
 
 
 
 
Img_0113
 
Img_0109
 
Img_0110
 
車が旧・象潟町、現在の「にかほ市に入った頃になって、やっと右手遠くに鳥海山の裾野が見えてきました。
 
しばらく雲の晴れるのを待ちながら車を走らせましたが、とうとうその日は鳥海山の全容を拝むことはできませんでした。
 
私達はハタハタの里、八森町を目指して車を走らせます。
 
 
 
 
 
 

« 加茂水族館 | トップページ | ハタハタの里へ »

コメント

すそ野の広い鳥海山、姿が美しいですね!
山を見ても、海を見ても素敵な山形・秋田県境と思います^.^/

→ キハ58さん

景色を見ながらのドライブも良いものです。

電車では、そう簡単に止まることができなませんが、車での移動なら、好きな所で停車できます。

ようやくえぞをと六花のテリトリーに入ってきましたね。
通算すると暮らしていたと言っても良いほど此処からの東北に
いました。温海温泉には行かなかったのですね。
横光利一が好んだ湧き水とその湧き水で打ったそばが
美味しかったのですよ。 湧き水は 日本一の味と思います。

→ 六花さん

鶴岡は亡くなった前の妻の出身地。 若い頃から何度か訪ねた懐かしい町で、近郊へもあちこち歩きました。  勿論、その昔、湯野浜温泉へ泊まったり、子供たちを連れて海水浴に出掛けたこともあります。

水族館、高い位置から見ると意外とこじんまりとした印象を受けますね、
日本海東北自動車道は随分快適そう!

→ 鉄腕マトムさん

水族館の規模は、それほど大きくありません。 中程度の規模でしょうか。

日本海東北道は区間営業なので車が少なくガラガラです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64338165

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡から象潟へ:

« 加茂水族館 | トップページ | ハタハタの里へ »

2017年5月

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31