« 米百俵の精神 | トップページ | 鶴岡のマンホール »

2016年10月16日 (日)

長岡から鶴岡へ

Img_0008

今年(平成28年)は、8月2日、3日に開催された長岡花火大会。
 
毎年、全国から大勢の観光客を迎え、盛大に催されている全国的に有名な花火大会の一つです。
 
 
 
Img_0006
 
そんな盛大な花火大会の様子を年中見られる施設「ながおか花火ミュージアム」が駅前大通りに設けられていました。
 
次の機会には、是非ゆっくりと観覧したいものです。 中には三尺玉の模型があったり、長岡花火大会の映像がハイビジョンで常時放送され入場無料で観覧できますが、、、今回は行程の都合でパスしました。
 
 
 
 
Img_0010
 
Img_0011
 
長岡市内のホテルを出発した私達の車は、「日本海東北自動車道」に入り、新潟市内を左手遠くに眺めながら鶴岡方面へ向かいました。
 
車が新発田を通過すると、右手遠くに山形県との県境である大日岳から朝日岳を繋ぐ山々が見えてくるはずですが、、、、深い霧に覆われて低い山波しか見えません。
 
 
 
 
Img_0012
 
村上の市街地に入ったところで、道路の右手に広がっているのは、真っ白に花を咲かせたソバです。
 
小さく真っ白な花を咲かせる蕎麦畑が一面に広がって、見事な眺めでした。
 
 
 
 
Img_0013
 
開通している「日本海東北自動車道」が終了すると、車は国道7号線へ戻ります。
 
村上市の府屋(山北地区)に差し掛かると、左手に日本海がドーンと広がり、その海原の向こうに薄く小さく島影が見えました。 
 
どうやら日本海にポツンと浮かぶ島は、「粟島」のようです。
 
 
 
 
Img_0014
 
さあ、私達も間もなく山形県に入り、もう一息で三日目の宿泊予定地・鶴岡へ到着です。
 
鶴岡は20年程前に亡くした妻の出身地なので、若い頃から何度も訪ねた思い出の街。
 
縁とはおかしなもので、今回は、その妻の高校生時代の友達と結婚した、私の大学時代の友人を訪ねる予定です。  さて、どんな「老夫婦」に変わっていることでしょう?
 
 
 
 
 
 

« 米百俵の精神 | トップページ | 鶴岡のマンホール »

コメント

出会いが楽しみですね。
読んでいると サヌ・ヒロさんは ほんとうに人が好きなんだなーと
思います。 良い出会いを!

→ 六花さん

久しぶりで会う大学時代の友人、懐かしい顔に合える再会が楽しみです。

思わず「山下清」さんの切り絵作品を思い浮かべました。

笹川流れ辺りの海岸線は、ほんと美しいですね!
山も海も素敵な県境と思います^.^/

→ 鉄腕マトムさん

こうしてプロの写真家が撮った花火の写真は綺麗なものですよネ! 

実際に見るより、写真の方が綺麗に見えます。

→ キハ58さん

新潟と山形の県境は、国道7号線が、本当に海岸のすぐそばを走り、遠くに粟島が見えて眺めの良いところを通過します。  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530215/64319803

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡から鶴岡へ:

« 米百俵の精神 | トップページ | 鶴岡のマンホール »

2017年6月

       
1
Img_0061
2
3
Img_0075
4
5
Kizakura_kappa_country_1
6
7
Honden1
8
9
Img_0108
10
11
Img_0116
12
13
Img_0002
14
15
Img_0019
16
17
Img_0050
18
19
Img_0049
20
21
Img_0072
22
23
Img_0086
24
25
Img_0094
26
27
28
29
30